読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】Go!プリンセスプリキュア第36話「波立つ心・・・!みなみの守りたいもの!」 感想

f:id:furafuraasobinin:20151011101529j:plain

変形自動車にロケットまで持ってた四葉財閥ほどぶっ飛んではいないけど、豪華客船持っている海藤グループも大概だなあ、こりゃ…(挨拶)

 

前回の日記で、予告を見てちょっと不安視していたみなみ回でしたが、またもや杞憂に終わりました。今回は何気に掘り下げが凄かったですね。

海藤グループのパーティーに呼ばれたゴプリチームの面々でしたが、作中なんのためのパーティーかは明言されていませんでしたが、どうも雰囲気的にはみなみのお披露目会の意味合いが強かったみたいですね。

実際「初めてご紹介いたします」から始まり、紹介されたみなみ自身も「将来的には海藤グループで働きたい」という意思を表しましたから。ある意味、みなみは今回正式にグループの一員になる意思表明を公表したわけで、素振りこそ見せませんでしたが相当な覚悟があったのだろうと推測できます。

 

だからこそ、今回の新キャラクター、獣医のあすかとの出会いは心揺れ動くものだったようです。

海でみなみに慣れているイルカ・ティナを眺めている時に出会ったあすか(後に博士号まで持っている事が判明)でしたが、獣医の仕事に興味津々のゴプリチーム、早速彼女の仕事を見学させてもらいます。

f:id:furafuraasobinin:20151011101552j:plain

私は以前の感想で「明確な夢を持っているのはきららだけ」という指摘をしたことがあります。みなみに関しては「海藤グループに入り兄の様に立派な仕事がしたい」と以前から明言はしている訳ですが、それがどういう仕事内容を指すのかはっきりしていない上、曖昧且つグループに入る事、で話が止まっている様に見受けられたからです。*1

だから…という訳ではないのかもしれませんが、あすかの仕事の見学にみなみだけ少し難色を示しています。それは、この後パーティーがあるから、という理由でしたが或いは自分の漠然とした夢に対するアンチテーゼが生まれてしまうのでは、という抵抗のようなものにも感じられました。

実際、みなみはあすかの仕事ぶりを見て、更に彼女に「君は獣医向いていると思うよ」と声をかけられて少し迷っている風にも見えました。今までの漠然とした夢に、具体的な夢が入り込んできて戸惑っている、という感じでしょうか。

 

見学が終わり、パーティーが始まった所でもはや神出鬼没と言っていいストップ&フリーズ登場。またもやお約束の様にあすかが標的となりゼツボーグ登場となりました。

ここでも、みなみ=キュアマーメイドは目覚ましい活躍を見せます。

船の上からキュアスカーレットのキックで海に叩き落としたゼツボーグを、水中戦で圧倒したのです。

f:id:furafuraasobinin:20151011101621j:plain

考えてみると、キュアマーメイドは初登場時から水中戦のエキスパートである表現がなされていましたが、歴代青プリキュアが水と氷の使い手であるのは毎回の事であっても、ここまで水中戦を得意とすると明確に設定したプリキュアは初めてではないでしょうか。しかも歴代と同じように水技や氷技も普通に使いこなす。*2

今回は全く危なげなく水中戦を制し、再びゼツボーグを空中に打ち上げた後、フリージングコフィンプリキュアフローズンリップルで相手を氷漬けにして封じ、そのままプリンセスパレスでトドメという完璧勝利でした。敵側は今後水中タイプのゼツボーグは出さない方がいいんとちゃう?(苦笑)

 

戦闘終了後、結局みなみはあすかが最後に語る「自分の道を突き進む」という考えに共感したのか、最初の夢を曲げないであくまでも自分の信じる道を進むことを選択します。明言こそしませんでしたが、やはりグループの一員となって世に尽くす事を改めて覚悟した様です。

象徴的だったのは、その最後の場面なのですが

f:id:furafuraasobinin:20151011101647j:plain

f:id:furafuraasobinin:20151011101707j:plain

f:id:furafuraasobinin:20151011101721j:plain

みなみとあすかが分かれた後、お互い背を向けて歩き始めたのですが、あすかは一切振り向かなかったのに対して、みなみは振り返ってあすかの背中を見るのです。

これはみなみがあすかの進んでいる道に羨望と未練があった事、逆にあすかは迷いなくこれからも自分の道を進むのであろう事への象徴と受け取りました。

そして、みなみはその背を見た後前を向いて歩き始めます。家族と仲間が待っているであろう方向へ。

ここは深くて濃い場面でしたね。プリキュアってたまにこういうのがあるのが侮れません。

 

f:id:furafuraasobinin:20151011101742j:plain

次回ははるかを主役に演劇? はるはるは実はかなりの優秀っ子なので最初はドジ踏んでも問題ないとは思うけど、まあ前半コミカルノリっぽいですね。というか、みなみさん、その雑コラは一体…!?

 

今週のゴプリを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20151011101803j:plain

ダメだ…水中戦っていうとどうしてもダークブルームーン思い出しちまう。「水中戦は得意なのよ、おにいぃちゃあぁん!」

 

それでは、ごきげんよう。

 

-----------------------------------------

*1:後はゆいが絵本作家になるという明確な目標持ちである。彼女は本当にヒロイン力が高い。

*2:ただしフレッシュプリキュア以前は未視聴なので、キュアアクアがどういう設定付けなのかは不明。不勉強で申し訳ない。