読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】キラキラ☆プリキュアアラモード!第14話「お嬢さまロックンロール!」感想

f:id:furafuraasobinin:20170507102831j:plain

f:id:furafuraasobinin:20170507102916j:plain

突然の拉致に住居不法侵入、挙句に私有地に不法開店、今日のプリアラは犯罪の温床か!(苦笑)

 

さて、今回はあおいの掘り下げ回でしたが、前回の予告でも判明はしていましたが、元気娘でどちらかと言えばスマプリのあかねやプリキュア5のりんに当たる枠かと思いきや、実は名家のお嬢様だった…という設定が追加されました。

f:id:furafuraasobinin:20170507102930j:plain

しかも、その立神家はそんじょそこらの小金持ちではなく、日本有数の大企業という凄まじさです。そういう元気属性でありながら、お金持ち設定のアリスやみなみの様な属性まで兼ね備えているとは…この贅沢者!(笑)

新キャラクターとして、あおいの家の使用人の水島さんが登場しましたが、あおいの両親は不在らしく彼が実質の後見役、といったところでしょうか。

話の流れとしては、海外から帰国した水島が、あおいのバンド活動やキラパティでの活動を立神家の跡取りとして相応しくない、として引きはがしにかかるのを、社交パーティーの場でいちか達があおいをイメージしたいるかゼリーを供してプリアラチームの気持ちを伝える&あおいに歌を歌わせ気持ちを伝える、その最中にジュリオ襲来という感じでした。

 

全体の流れとしては悪いシナリオではなかったのですが、いきなりの社交パーティー会場でのバンドメンバー乱入や、いちかのスイーツを作る提案など、若干唐突感が否めませんでしたね。

f:id:furafuraasobinin:20170507103015j:plain

それでも、実はあおいのやりたい事をやらせてあげたい気持ちを押し殺している水島の表現や、幼少期に寂しい思いをしていた所に岬のライブとの出会いで自分のやりたい道を見つけたあおいの描き方など、キャラクターに一歩踏み込んだ描写は流石でした。

あと、ちょっと、お、と思ったのはあおいって実は水島の事を憎からず想っているんじゃないか、と感じた点です。冒頭のお姫様抱っこされた際の表情といい、水島を瞳の中に映し出しているシーンといい、戦闘中に気絶している水島に言った「分かってくれてるんじゃん」という台詞といい、家族として、というよりは男として見ているシーンが多々ありました。冒頭に自分の歌を「大切な人に届けたい」とも言っており、水島は再登場の可能性がある気がします。

f:id:furafuraasobinin:20170507103033j:plain

f:id:furafuraasobinin:20170507103043j:plain

恋愛を匂わす話はかつてはりん、あかね、六花、ひめなど元気娘&青枠に多いイメージがあるので、ここら辺もあおいにもあるのかなー、と考えさせられる原因なんですがね。*1

 

さて、今回の話で新しい設定が判明しました。

それはキラキラルの発生はなにもスイーツ限定ではない、という事。

今回ジュリオは自分の気持ちを代弁した歌を歌うあおいの突発ライブを聞いた聴衆からキラキラルを奪った訳ですが、実はいちか達の作ったスイーツは表面的には無関係なんですよね。

f:id:furafuraasobinin:20170507103102j:plain

発生源が水島オンリーであれば、事前にいちかに促されて食べたゼリーとあおいの歌というダブルコンボでキラキラル発生、という納得出来る流れになったのですが、他の聴衆たちは間違いなくあおいの歌のみをキラキラル発生の元にしており、なんか根本的な設定の崩れを感じました。こういう所はもう少ししっかり描いてほしかったかな。

 

戦闘に関しては、多人数のキラキラルを吸収したが故の全体範囲攻撃に苦戦するものの、キュアジェラートの様々な想いを込めたキラキラルの氷の塊を飛ばす技で逆転する、という感じでした。が、派手な攻撃であったにも関わらず技名までは設定されてなかったようで、ちょっと拍子抜けだったかも。ひょっとしたら聞き逃しているかもしれないので、後で確認してみましょう。(その際には加筆修正します)

f:id:furafuraasobinin:20170507103121j:plain

f:id:furafuraasobinin:20170507103129j:plain

ジュリオは多人数のキラキラルを集めたパワーが、キュアジェラート一人に破られた事に「そんな事もあるのか、へー」みたいな態度で撤退しましたが、ここら辺はやはりあくまでも「実験」である事を意識しているのでしょうね。尻尾を巻いて逃げている、という感じは薄らぎますが、その「実験」の成果が大したものでなかった場合、ちょっと株を下げそうな退場のし方でもありますね。

 

結局、いちかの作ったゼリーやあおいの歌の内容に絆されたのか、水島はバンドやパティスリーの活動を容認、パーティーを結果的に台無しにした事で大目玉を食らいはしたものの、あおいは元の鞘に収まる事になりました。

f:id:furafuraasobinin:20170507103202j:plain

しかし、活動の条件付けが、勉学で学年トップ5に入る事で、しかもそれがあおいにとっては楽勝キックであるという衝撃の展開に、いちかが大ショックを受ける場面は笑わせていただきました。あれ? 正直あきらやひまりが成績悪いとは思えないし、ゆかりは成績優秀と明言されていますから、実は今回のおバカ枠はいちかが一身に背負ってる!? がんばれ! いちか! 最近のシリーズ恒例、赤点ネタの回、今から待ってるぞ!(鬼畜)

 

f:id:furafuraasobinin:20170507103236j:plain

さて、次回は…ほうほう、あの優しいあきらの(恐らくジュリオが)逆鱗に触れる回ですか…どうも妹のみくが絡むようなので、あきらの内面に深く切り込む回になりそうですね。あの大天使マナですら映画版で身内を傷付けられれば感情むき出しにして怒るんですから当然と言えば当然なんですが…ジュリオがどこまで悪辣な事をするのかはちょっと見ものですね。

 

今週のプリアラを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20170507103252j:plain

所々神作画があったのは…うん、スタッフのお気に入り、ちょっと分かっちゃかも!

 

来週もキラキラル☆

 

----------------------------------

*1:ただ大きなお友達には不評になるかもしれない諸刃の剣なんだよな、恋愛系の話は。りんとあかねはこれで不興を買った節がある。中学生の娘がメインの話なんだからむしろ恋愛話が絡むのは自然の流れだと自分は思うのだが…