読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】魔法つかいプリキュア!第19話「探検&冒険!魔法のとびらのナゾ!」感想

f:id:furafuraasobinin:20160612101833j:plain

本日はみらいの誕生日だそうですね。若い頃は嬉しい誕生日も年を取ってくると…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

今回は時系列が前回のガメッツ戦からの続きになっていました。

ガメッツ戦で不思議な力を発現したはーちゃんに疑問を持ったみらい達は、(せっかくマホウ界に来てるんだしね)校長先生にその疑問をぶつけてみようと校長室を訪ねてみるのですが、そこには「しばらく留守にする」という魔法道具でのメッセージが残るのみでした。

困り果てたみらい達は補習メイト達に相談するのですが、その過程で出てきた魔法学園七不思議に注目します。が…

f:id:furafuraasobinin:20160612101901j:plain

最初の方こそ「校長先生の年齢が不明」とか「図書館に女の人の声が聞こえる」とかそれっぽいのが挙がりますが、そのうち「校長先生はナシマホウ界でモテモテだった」とか噂話の域を出ないものになってしまい、まあ、この役立たずどもめッ!(苦笑)

しかし、その話題に乱入したリズが最後に挙げた「魔法の大樹の上には開かずの扉がある」というものにインスピレーションを感じたみらいは、早速、大樹の頂上を目指す…という流れでした。

f:id:furafuraasobinin:20160612101915j:plain

というか、ここ最近鳴りを潜めていたみらいの勘で行動する、がまたしても炸裂してしまいました。大樹と校長先生には直接的には関係がない(少なくともこの段階ではわからない)はずなんですが、リズの話を聞いた瞬間、熟考しないで行動に移してしまうのは相変わらずですね。

しかも、途中にある「この樹に登るべからず」という注意書きに対して「箒で飛んでいけばいいんだ」などという屁理屈で先を目指してしまうなどの軽率さは健在で、どうなのかな、とは思いつつも、リコの慎重さは逆に強調されており(看板の前でみらいを止めている)二人の真逆性格の描き方は少しづつ顕現してきましたね。

ちなみに、リコは大樹に住む毛虫を警戒していたようですが

f:id:furafuraasobinin:20160612101927j:plain

クリーチャーじゃねえか!((((;゚Д゚))))

ヨクバールよりよっぽど怖いのは気のせいか! 挙句にリコ曰くマホウ界の毛虫はこれで普通らしい。恐ろしい世界だな、マホウ界(苦笑)。

 

ようやく、頂上に辿り着くと、そこには確かに扉がありましたが、なんと押しただけで倒れてしまうどこでもドア型であり

f:id:furafuraasobinin:20160612101939j:plain

f:id:furafuraasobinin:20160612101947j:plain

まあ、その顔も仕方ないよね。

結局、こういう扉だから「開かず」だって事か、と徒労に終わった事に座り込んでいる所に、バッティが登場したのですが…

さて、今回、敵側に大きな動きがありました。

かねてよりドクロクシーの存在に疑問を感じていたバッティがヤモーに対して詰問をする場面が前半パートにあったのですが、ドクロクシーがついに声を出してバッティにリンクルスマホンとリンクルストーン・エメラルドの奪還を命じたのです。

f:id:furafuraasobinin:20160612102006j:plain

f:id:furafuraasobinin:20160612102011j:plain

これにより、バッティはドクロクシーのために戦う事を再度強く誓ったのですが、ヤモーがドクロクシーを操った可能性も否定できず、これに関してはもう少し様子見ですかね。ただ、これはバッティが単細胞であるという事より、元々ドクロクシーによって生み出された存在であることの方が大きそうですね。

プリキュアと対峙したバッティは、ガメッツとスパルダの杖を持ち出しており、二人の力を合体させた超強化型となり襲い掛かってきます。

f:id:furafuraasobinin:20160612102026j:plain

ガメッツ並みのパワーのラッシュに

f:id:furafuraasobinin:20160612102036j:plain

スパルダの蜘蛛の糸によるテクニカル&拘束攻撃

f:id:furafuraasobinin:20160612102042j:plain

そして、バッティは元々スピードを重視した幹部です。

今更ながら初めて気が付いたんですが、これってまほプリチームのモードに対応しているんですね。

ルビーモード=パワー=ガメッツ

サファイアモード=スピード=バッティ

トパーズ=テクニカル&臨機応変=スパルダ

と捉える事が出来ます。

まほプリチームはサファイアモードで対応しましたが、結局パワーに押されつつ、拘束攻撃をまともに食らう羽目になり、最終的にははーちゃんの謎パワーで勝利を収めたものの、個人的にはダイヤモンドモードで戦うべきだと感じました。

ここら辺のモードをまほプリチームがどう選んでいるのかも、ちょっと作中で説明が欲しいかな…と思う部分ですね。たまにでいいから変身前に「これこれこういう理由だから、今回はこのモードで行こう」みたいな台詞を挟むなどすればいいと思うのですが…今のままだと正直二人の気分でモードを選んでいる様にしか見えないです。*1

また、この戦いでははーちゃんの声に応えて大樹そのものがバッティを攻撃しており、やはりはーちゃんは大樹と無関係ではない気がしますね。

他の2幹部と同じく、はーちゃんの後押しもあって、バッティもプリキュアサファイアスマーティッシュの前に撃沈。

f:id:furafuraasobinin:20160612102127j:plain

もっとも、最後にぼろぼろになったバッティが出てきたので、流石に即退場にはならなかったようです。

 

f:id:furafuraasobinin:20160612102147j:plain

f:id:furafuraasobinin:20160612102157j:plain

戦いの後にははーちゃんの力に対応したのか、先ほどの扉からリンクルストーンアメジストが出現、更にその扉にリンクルスマホンが描きだした鍵が差し込まれ、扉の向こうに行ける! といった所で今回は幕となりました。

 

来週はいよいよ急展開が待っている様ですね。

f:id:furafuraasobinin:20160612102207j:plain

詳細は見てみないと何とも言えませんが、ってぐらい迂闊な事は言えなさそうな雰囲気の予告でした。さて、どうなる事やら。

 

今週のまほプリを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20160612102223j:plain

みらいの誕生日という事で、OPの後にスペシャルなアイキャッチが。

f:id:furafuraasobinin:20160612102236j:plain

文字・スポンサー名なしバージョンもお楽しみください(*´▽`*)

 

来週もキュアップ・ラパパ!

 

-----------------------------------------

*1:前回はガメッツ自身がプリキュア側にルビーモードへの変身を要求し、それに応じている。ああいう説明付けでも良いと思う。