読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】キラキラ☆プリキュアアラモード!第10話「ゆかりVSあきら!嵐を呼ぶおつかい!」感想

f:id:furafuraasobinin:20170409103136j:plain

冒頭でキラパティが繁盛している理由の一つがゆかりとあきらの人気に依るところが大きい、という表現があったけど、なんかそれだと昔のアンミラみたいなノリだよね…

 

さて、今回は高校生二人組の掘り下げがメインの回でしたが、いくつかの伏線らしい謎も残した回でした。

f:id:furafuraasobinin:20170409103157j:plain

流れとしては、いちかの提案によって町で開かれるスイーツフェスティバルに参加しようという話になるのですが、お店の繁盛に貢献している高校生二人組の様なスイーツ、フルーツタルトを出品しよう、という事になりそのフルーツの買い出しを二人のセンスに任せるために依頼する、というものでした。

 

最初の注目は二人を買い出しに出した後「でもあの二人はなんで私らと付き合ってくれるんだろう」という疑問を呈したあおいでしたね。

f:id:furafuraasobinin:20170409103208j:plain

あおいは今までのシリーズのパターンに当てはめると、あまり思考型のタイプのキャラではないと思うのですが、時々核心を突くような台詞が飛び出す味付けになると面白いかな、と感じます。初登場回である第三話でも思うような歌が作れず懊悩するシーンがあり、単なる脳筋枠ではない事を表しています。こういう所は好感が持てますね。

f:id:furafuraasobinin:20170409103223j:plain

f:id:furafuraasobinin:20170409103230j:plain

などと悩んでいる所にゆかりとあきらの親衛隊がいきなり厨房に乱入(トニオさんに怒られるぞ!)「貴方たちはゆかり様とあきら様には相応しくないから付き合うのはやめてくれ(意訳)」と突きつけられてしまいます。

あおいもいるので衝突するのかなー、と思いきや、あまりの親衛隊の勢いにたじたじになる中学生組はちょっとかわいそうでしたが、まあ、高校生に中学生が詰め寄られちゃったらこうなるよね。ただ、これスマプリメンバーだったら大喧嘩じゃないか? 特になおは黙っちゃいないだろうし、あかねも気が強いからなあ…

 

一方、その頃、買い出しに出た二人はスイーツフェスティバルの影響で、町の果物屋がほとんど全滅状態で途方に暮れている所で、ちょっとした衝突をしながらもお互いの違いと惹かれあっている事を再認識する流れでした。

f:id:furafuraasobinin:20170409103308j:plain

あきらはとにかく良い人、を前面に押し出していますね。過去回でも言及されてはいましたが、とにかく困っている人を見たら後先考えずに助けるタイプで典型的なローフルです。今回も指輪に付いていた宝石をなくしてしまった老婆を助けるために、ゆかりを彼女に付けて自分が探しに行くという行動を取りました。

f:id:furafuraasobinin:20170409103322j:plain

宝石が見つかった後、老婆に男性と間違われていましたが(ゆかりに「優しい彼氏だ」と言っていた)内面は本当に女の子しています。

f:id:furafuraasobinin:20170409103337j:plain

一見するとギャグっぽく見えるこの女の子走りもそれを強調する演出ですかね。

そして今話のもう一つの注目のゆかりですが、やはり、かなり深い設定がある、というかまだまだ腹の底を見せない感じのキャラクターですね。

f:id:furafuraasobinin:20170409103405j:plain

これはあきらとの衝突の時に「その親切心が相手を傷付ける事がある」といったニュアンスの事を言った時にも感じましたが、途中で立ち寄った宝石店で背伸びして大人っぽいブローチを買おうとしている幼女に「貴方には大人過ぎるかもしれないけど、それを買えば相応しく自分が成長できる」と言って購入を促した時に確信に変わりましたね。

f:id:furafuraasobinin:20170409103418j:plain

妙に老成しているんですよね、ゆかりって。

このブローチの件で思い出したのが、黒田硫黄さんの漫画「茄子」に収録されている話でした。確か、宝くじで100万円だかを当てた女子高生(苦労人)が、その使い方に悩んで様々な登場人物に相談をする、という内容なのですが、その一人のバリバリのキャリアウーマンのおばさん(確か40後半あたりの設定)が「私なら絵を買うわ。ただ漠然と絵を買うより100万円握りしめて買いに行けば見方が変わるし、目だって肥えるのよ」と言うのです。結局、その女子高生は絵を買う決意をするのですが、これはなるほど、と感じたのでよく覚えているエピソードでした。

話を戻すと、ゆかりの老成具合は、このキャリアウーマンのおばさんに通づるものがあり、正直、家庭か過去か、あるいはその両方に何かあるんだろうなあ、とは感じずにはいられません。

まあ、それを言い始めると今回のプリアラチームの面々は全てを見せ切ってはいませんけどね。いちかはお母さん、あおいはバンドメンバー、あきらは妹と重大なキーパーソンが付随していますし、ひまりとゆかりは根本的にそういうキャラクターが登場すらしていません。次回から話が動き出しそうなのでここら辺を絡めてくれるとまだまだ面白くなりそうな要素てんこ盛りです。

f:id:furafuraasobinin:20170409103457j:plain

そう言えば、今回とうとうOPで出ていた仮面の謎キャラクターが本編で登場しました。とりあえずはスイーツフェスティバルに関わる様なので、いよいよ敵も本格始動でしょうか。今までは敵妖精のゲリラ戦でしかなかったからねえ。

 

親衛隊のプレッシャー攻撃にもめげず、タルトの生地が完成させた中学生組三人でしたが、そこで敵妖精が出現戦闘となりました。

f:id:furafuraasobinin:20170409103525j:plain

f:id:furafuraasobinin:20170409103531j:plain

中学生組三人では歯が立たない相手に買い物未コンプリートだった高校生組が途中参戦、ポテンシャルの髙さを見せて完勝、という感じでした。ただ、キュアマカロンが作り出したクリーム状光線の上にキュアショコラが乗って回転した時は大回転エビ投げハイジャンプアッサーシンでも撃つのかと思っちゃたぜ…ふう…

 

結局、高校生二人組はあくまでも自分の意思でキラキラパティスリーに協力してくれているという事を再認識。よりプリアラチームの結束力が高まった、といった所で今回は幕となりました。

f:id:furafuraasobinin:20170409103613j:plain

f:id:furafuraasobinin:20170409103600j:plain

あきらはともかく、親衛隊にキラパティを辞める等に進言された際、ゆかりが嗜めるでもなく軽くいなしたのは意外でしたが。てっきり怒るものだとばかり…同じお嬢様でもみなみとは違うタイプですね。

 

来週は上でも書きましたが、とうとう仮面の謎キャラクター登場ですが、タイトルから鑑みるに、戦闘シーンそのものが少し変わりそうな感じもしますね。

f:id:furafuraasobinin:20170409103650j:plain

そして新たな力を見せる…みたいな煽りも入ったのでそろそろ必殺技登場といった感じでしょうか。前半の山場になりそうな雰囲気なのでこれは目が離せませんね。

 

今週のプリアラを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20170409103717j:plain

こういうイベントってどうしてもけやき広場ビール祭りを連想してしまうダメおじさんは私です。

 

来週もキラキラル☆