読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】キラキラ☆プリキュアアラモード!第3話「叫べライオン!キュアジェラート!」感想

【アニメ】 キラキラ☆プリキュアアラモード プリキュア 感想 レビュー

f:id:furafuraasobinin:20170220144540j:plain

さて、今回は立神あおい=キュアジェラートお披露目回でしたが、色々新しいキャラクター性が盛り込まれており、今のところ一番個性が光っているキャラでしたね。

f:id:furafuraasobinin:20170220144745j:plain

後ろに並んでいるいちか・ひまりに軽く威嚇行動をとった男たちを静止してみたりする辺りは少しスマプリのなおを想起しましたが、ある意味ここまで徹底したよく言えばきっぷがいい男勝り、悪く言えば全く色気がないキャラクター性は面白い。

f:id:furafuraasobinin:20170220144804j:plain

ロックバンドのボーカルという事で町でもそれなりに注目されているらしく、野外ライブ会場には結構な人数が集まっている描写がなされました。

話の流れとしては、実は同級生であった事を知ったいちかが、バンドコンテストの新曲作りに悩むあおいに協力する…という内容でしたが、あおいはその審査員に憧れのロックバンドボーカルの岬がいる事を知り作業が難航します。

f:id:furafuraasobinin:20170220144814j:plain

あおいは一度作業にのめり込むと周りが見えなくなるタイプであり、正直、いちかの様にまとわりつくタイプは迷惑になるようにも思えました。しかし、いちかはそれを察してか途中から彼女に相応しいお菓子を作るという選択をし、何気にあおいに気配りを見せていたのは好感が持てました。意外とデリカシーあるんですよね。

f:id:furafuraasobinin:20170220145823j:plain

一方あおいは最後まで曲作りが難航し苦悩する様や、一度はコンテスト出場を諦めようとする描写もあり、意外と繊細で生真面目な一面も見せました。今回で当座のメインと思われる三人が登場し終わった訳ですが、全員、表向きとは別の側面を持つキャラクターとなっておりなかなか興味深い娘達ですね。掴みは十分だったと思います。

アイキャッチを挟んで後半はあおいの変身→バトルがメインとなりましたが、懊悩していたあおいがいちか・ひまりの作ってくれたジェラートで純粋に歌を楽しんでいた自分を思い返し、ジェラートを奪おうとした悪側の妖精に立ち向かうのはベタですが良い展開でした。

f:id:furafuraasobinin:20170220145810j:plain

変身シーンは上で書いた「色気がない」に反し、非常に色気がありますね。というか、あおいは内面は色気みたいなものはありませんが、キャラクターデザインは非常に可愛いかと思います。この娘は人気出るんじゃないかな。

他二人の変身シーンでも思いましたが、今までのシリーズの変身に比べると少し変わったアングルが今回はあり、特にキュアジェラートの変身は下からのアングルがわざとらしいぐらい強調されており、なかなか際どいな、と感じます。

そして戦闘シーンに関しては、今回で正式にプリキュア側から「殴る」という攻撃が見られました。ただし、妖精のペコリンからアドバイスがあったのですが、キラキラルを吸収した怪物は「キラキラルを込めた攻撃でなくては倒せない」そうで、ここら辺は制作側からの単なる肉弾戦は極力しないよ、というメッセージと受け取りました。

ただし、それに対するキュアジェラートの答えが

f:id:furafuraasobinin:20170220144908j:plain

氷 パ ン チ (笑)

エビワラーですね、本当にありがとうござい(以下省略)

f:id:furafuraasobinin:20170220144931j:plain

他にも相手をひるませるライオンの雄叫びを彷彿とさせる咆哮という、これまたプリキュア初の攻撃を見せたのは驚きでしたね。こんなん高級耳栓で防ぐしかないやん…

最後も氷漬けして後に相手を砕け散らすという派手ながらもおっそろしい攻撃を仕掛けており、色んな意味で規格外なプリキュアと感じました。

ただ、彼女の格闘がメインのスタイル、男勝りの性格、「燃えてきたー」という決め台詞など、こういうキャラクターをあえて氷メインに据えるのは百歩譲って面白いにしても、青基調のデザインはやっぱりミスだとも思います。デザインそのものは凄くいいのですからもう少しどうにかならなかったのか。ライオンというと戦隊シリーズジュウオウジャーがそうであったように黄色がイメージでしょうが、キュアカスタードと被る、似た色のオレンジを使いたくない、というのを差し引くなら赤(この色はキュアショコラで採用済みだが)などの選択肢もあったと思います。実際、あおいとひまりと似たタイプのあかねとやよいがオレンジと黄色を基調にしたスマプリという作品だってあります。*1

上手く氷で青プリキュア、という側面を今後の展開で出してくれると嬉しいのですが。

 

来週は残りの高校生プリキュア登場…かと思いきや、一回中休みを入れるみたいですね。

f:id:furafuraasobinin:20170220145000j:plain

あまり一挙にやるのも芸がないですし、まずは同世代の三人を掘り下げるのは悪くないかと思います。ひょっとしたら、しばらくは三人を中心に物語を展開するのかもしれませんが、それならば高校生二人がどういう立ち位置になるのかは楽しみですね。今までのシリーズでいそうでいなかったセーラームーンの外惑星戦士タイプなんかも似合いそうですよね。*2

f:id:furafuraasobinin:20170220145014j:plain

しっかし、いきなりシュークリームという高難易度のお菓子に挑戦するのはどうなのかなー(苦笑)。

 

今週のプリアラを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20170220145026j:plain

変身シーンでエアギターやるあたりはエレンさんとすぐにお友達になれそう。

 

来週もキラキラル☆

 

----------------------------------

*1:ついでに言えばモチーフは違うものの新しく始まった戦隊モノの赤リーダーはシシレッドである。

*2:あえて言うとキュアムーンライトキュアスカーレット、キュアフォーチュン辺りがそのポジションに近かったか。