読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】魔法つかいプリキュア!第38話「甘い?甘くない?魔法のかぼちゃ祭り!」感想

f:id:furafuraasobinin:20161023100559j:plain

前々から思っていたんだけど日朝名物「じゅ~すぃ~」のCMに数年出ている彼、実生活でいじめとかにあっていないか、自分とても心配です…

 

そして、初っ端から食欲と言う穢れに侵されたはーちゃんを見せられるという罰ゲーム。・゚・(ノ∀`)・゚・。

f:id:furafuraasobinin:20161023100615j:plain

さて、今回も前回に引き続き本編の流れとはあまり関係ない息抜き回でしたが、情操教育も兼ねた回となっており、更にギャグパートも豊富でなかなか楽しい回となりましたね。

 

マホウ界のハロウィンパーティー(正確にはかぼちゃ祭り)を訪れたまほプリチームでしたが、そこで開かれているのは伝説のカボチャ鳥という生物を捕まえるサバイバルレースでした。

f:id:furafuraasobinin:20161023100643j:plain

このカボチャ鳥、近付いた者を片っ端からお菓子に変えるという能力持ちな上になかなかすばしっこく、過去に捕らえた者が一人しかいないという伝説の生物です。

また、その正体は分からないものの捕まえた者には金の卵というアイテムを授けられるという言い伝えがあり、まほプリチームもこれに参加、ドタバタ劇の最中にシャーキンズと接敵し戦闘へ…流れでしたが…

f:id:furafuraasobinin:20161023100655j:plain

f:id:furafuraasobinin:20161023100702j:plain

途中でエミリーの大回転攻撃とか、怒ったカボチャ鳥を追い掛けた挙句シャーキンスを虫網でゲットなどなかなか笑かしてくれます。

 

後半はもちろん戦闘になってしまうのですが、その際に嫌がるカボチャ鳥を追いかけ回した事をシャーキンスに咎められたまほプリチームが反省する場面は良かったですね。

これは自分の都合のみを考えてはいけない、という本来の視聴者層へのメッセージと思われますが、結構大人にも身に染みる教訓かと思います。自戒も含めて、最近身勝手な大人が増えたような気がするので。

特にキュアフェリーチェは自分勝手な理由でカボチャ鳥を追いかけ回した事を相当ショックを受けたらしく、戦闘途中で動けなくなってピンチを招く結果となりました。

f:id:furafuraasobinin:20161023100725j:plain

……それは建前で、空腹で動けなくなったようにしか見えなかったけどな!(笑)

 

f:id:furafuraasobinin:20161023100744j:plain

最後はカボチャ鳥が怒っていた原因が、追いかけ回された事ではなく(ちなみに追いかけっこ自体は楽しんでいたそうだ)虫歯が痛かった事をモフルンに突き止められ、それがまほプリチームにも伝わったため、一気にOTRモードで決着となりました。シャーキンスさん、それでいいのか( ´Д`)

 

f:id:furafuraasobinin:20161023100816j:plain

虫歯を直してくれた感謝の印として、モフルンが金の卵をゲット成功しましたが、なんとこの金の卵は樹木の種であり、速攻で歯ブラシが生える木だったという衝撃のオチでした。みんな、歯はちゃんと磨こうZE!

 

さて、ここまで一切触れませんでしたが、今回はもう一つ大きなファクターがありました。それはアイドルの渡辺麻友さんのゲスト参加。

私は全然詳しくはないのですが、AKB48のメンバーの一人だそうですね(と言うか今調べました)。

f:id:furafuraasobinin:20161023100848j:plain

f:id:furafuraasobinin:20161023100854j:plain

カボチャ鳥争奪戦の司会・解説者で、ナシマホウ界でもアイドルとして活躍しているマホウ界の住人・マユとして登場しましたが、なかなかどうして声優を生業にしている訳ではない方にしては頑張っていたかと思います。*1

素人さんの声優起用には賛否両論があるかと思います。が、個人的には是の立場です。

つまり、個人の才能にもよるでしょうが、その作品の雰囲気にあってさえいれば問題ないというのが私の意見であり、例えば「となりのトトロ」のお父さん役に抜擢された糸井重里さんは素人丸出しでしたが、あの純朴で少しとぼけたところのあるあの役には非常に合っており、結局のところ適材適所なのだな、というのを感じた事例でした。

他にも錦織テリーやラサール両津など挙げれば枚挙にいとまがありません。*2

今回のマユについてもゲストであった事もありますが、あまり問題はないように見受けられました。本業で…となれば当然更なる経験は必要なのでしょうが。最初はごり押しか…訝しんでいたものの「秘密だよ♪」の喋り方などはおおっ、と思わせるものがありました。

f:id:furafuraasobinin:20161023100911j:plain

後、この方はキュアモフルン映画の主題歌も担当しているのですね。今回は宣伝の意味合いも大きかったのでしょうが、あのレベルでの起用なら全く問題なかったかと思います。

 

f:id:furafuraasobinin:20161023100933j:plain

次回は…あれ? またハロウィン? 今度はナシマホウ界のハロウィンが題材になるみたいですね。またしても息抜き回ぽい雰囲気ですが、そろそろメインストリームにも動きがあるかも?

 

今週のまほプリを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20161023100948j:plain

最後の歯をキラーン☆といい、今回は変顔が多い素晴らしい回であった!

 

来週もキュアップ・ラパパ!

 

-----------------------------------------

 

*1:ただ、過去に何回か声優自体は経験済みの模様。

*2:反面、酷い起用が多いのもまた事実である。