読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】魔法つかいプリキュア!第14話「みんな花マル!テスト大作戦!」感想

【アニメ】 魔法つかいプリキュア! プリキュア 感想 レビュー

f:id:furafuraasobinin:20160501100745j:plain

今回のお話は逆転劇! ここからの逆転劇は果たしてあるのか!?

 

今回はみらいの数学苦手を克服しつつ、リコが努力家である事が再強調されるシナリオでしたが、まずはみらいは数学以外はそれなりの成績である事が冒頭で語られました。流石にめぐみほどではなかったか(苦笑)。

 

数学再テストである事を先生に告げられ、リコとともに勉強を開始するみらいでしたが、好きな事にはひたむきになれる反面、興味のないことにはイマイチ身が入らないという弱点が災いし「数式覚えてもワクワクしない」などとのたまい、なかなか捗りません。…まあ、気持ちはよくわかるけどね(*´∀`*)

f:id:furafuraasobinin:20160508101618j:plain

 

でも、流石にリコ的にはそれは許しがたかったらしく、勉強中にTVに向かったみらいにリコが魔法でTVごと消してしまう鬼教官ぶりです(;´Д`)

f:id:furafuraasobinin:20160508101633j:plain

f:id:furafuraasobinin:20160508101638j:plain

 

そんなある日、先生に当てられ解答をすらすら黒板に書いていくリコを見て、みらいは何でも出来る彼女が羨ましいと感じるのですが、クラスメートがぽそりと言った「彼女は黒板から帰ってくる時、いつもほっとした顔をしている」という言葉に違和感を感じます。

そして、先に帰宅していたリコがナシマホウ界の文字を練習しながら寝こけている所を見て予習復習の大切さ、努力の大切さを再認識したみらいは再テストに向けて、さらに勉学に励むのでした…

「みらい」の連続はちょっと怖いものがあるけどねッ!(((( ;゚д゚))))

f:id:furafuraasobinin:20160508101651j:plain

 

以前の感想でも、今作の魔法つかいプリキュアに関してはキャラクターの努力不足を数回指摘しましたが、ここに来てナシマホウ回での日常回による掘り下げでようやくそれらが解消しつつありますね。これはとても良い傾向だと思います。

ただ、リコのナシマホウ界での弛まぬ努力を見ていると、逆にみらいはマホウ界でそういう描写はあんまりなかったなあ、とも感じますね。どうにも才能で乗り切った感が強いんですよね。リコの補習の補助みたいな形で魔法を学んでいたからというのもあるのでしょうが…

 

そして、いよいよ再テストの日となったわけですが、なんと、再テストを受けるのはみらい一人! という事は他の生徒たちはみんな26点以上取っている*1訳で、何? ひょっとして特待生クラスかなんかなの!?

f:id:furafuraasobinin:20160508101720j:plain

ちなみにこの時、リコは魔法の箒に乗ってブルーインパルスよろしく「みらいがんばって」という文字を空中に描き、またもや例の子に目撃されるという迂闊な行動に出ていましたが、なんかもうこういうのは様式美みたいに毎回やる気なのかな。

f:id:furafuraasobinin:20160508101734j:plain

個人的には、こういう迂闊な行動が特定の一人にしか目撃されないというのは、ご都合主義的に感じてしまうのですが、ここら辺は今作の作風なのだろうと無理に納得することにしました。

 

無事テストも終わり、ほっとしたところでガメッツが襲来。

f:id:furafuraasobinin:20160508101747j:plain

ヤモーが渡してくれたバッティとスパルダが今まで集めたプリキュアのデータを「予習と復習など不要!」と破り捨て、プリキュアの戦い方は分かった、と豪語していたガメッツでしたが、最初こそ怒涛の連続攻撃でプリキュア達を圧倒したものの、初出のリンクルストーン・タンザナイトによる必殺技で隙が出来た所で、ダイヤモンドエターナルで決着、といういい所なしでの敗北となりました。

ガメッツは去り際に「予習復習をしておくべきだったー」と訓示めいた事を言い残していきましたが、流石にこのあたりはメイン視聴者層を考えるとやむないセリフですかね(;´∀`)

f:id:furafuraasobinin:20160508101801j:plain

今回の戦いでまたもやダイヤモードでの支えのリンクルストーン使用となりましたが、どうやら

  • ダイヤモンド:一番ノーマルだが各種支えのリンクルストーン使用可
  • ルビー:パワとー炎
  • サファイア:スピードと水と風
  • トパーズ:臨機応変と雷

という感じでしょうか。エメラルドがどういう立ち位置になるかですかね。個人的にはエメラルドははーちゃん自身だと思っているのですが、こればっかりは今後に期待でしょうか。あんまり情報先取りしちゃうと、つまんなくなっちゃうし…ね。

 

戦闘終了後、はーちゃんの成長(花丸が上手く書けるようになった)と絆が深まったことで新たな月の象徴のリンクルストーンが手に入りました(正式な名前は作中言及がなかった気がする)が、やはり、リンクルストーンはどこかに存在する、というよりはまほプリチームの成長や絆によって生成されているイメージが強いです。マホウ界ではそんな事なかったんだけどな。まほプリチームが呼び寄せている様にも感じますね。

あ、ちなみに再テスト結果はご覧の通り

f:id:furafuraasobinin:20160508101835j:plain

でめでたしめでたし、ですね。なんだ、やれば出来る子じゃん!

 

f:id:furafuraasobinin:20160508101849j:plain

次回ははーちゃんが悪戯をして大変なことに! という内容のようですが、リンクルストーンの力を使って姿が変わったり、様々な属性の力を使用したりするみたいなので、はーちゃんの謎の一端が垣間見える回になりそうですね。目が離せません。

 

今週のまほプリを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20160508101924j:plain

鉛筆ころがし程度ならやった経験あるが、あみだやってあまつさえその痕跡を消さないとか歴代出来ないプリキュア達の中でも最底辺だぞ、キチャマ(笑)*2

 

来週もキュアップ・ラパパ!

 

-----------------------------------------

 

*1:しかも結構な大差である可能性が高い。ボーダーラインが何点だったのかは不明だが

*2:しかも正解しとる。