読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】Go!プリンセスプリキュア第38話「怪しいワナ・・・!ひとりぼっちのプリンセス!」感想

f:id:furafuraasobinin:20151025104000j:plain

「Go!プリンセスプリキュア、この後すぐ!」の段階で、この妙にむかつく笑顔でずっこけた癒されたのは秘密(笑)。

 

今回はいきなりOP曲前のプロローグでゼツボーグとの戦闘シーンに突入しますが

f:id:furafuraasobinin:20151025104048j:plain

キュアフローラの攻撃を起点とした連携攻撃を見て、新クローズがゴプリチームの要はキュアフローラ=はるかであると看過、彼女を他のメンバーから引き離す…という策を取る話かと思ったら…

 

さて、ネタバレチックに言うと新クローズは姿を変え、黒須という男子生徒に化けてはるかに近づきます。

なれなれしくはるかに挨拶する黒須ですが、彼女は基本純心ですから、さして疑うことなく会話をするわけです。

「君のプリンセスになりたいっていう夢、応援しているよ」

はるかは今までカナタ以外の男性にこんな事を言われたのは初めてだったらしく、黒須に信頼を寄せるのですが…まさか、ここで二重の伏線を張られているとはこの段階では予想だにしませんでした。

 

仕事で南の島に海外ロケに行くというきらら、親の名代として海藤グループの会合に出席するというみなみを、はるかは当然応援して行かせようとするわけですが、黒須はこれをさりげなく後押しするわけです。

黒須は更に有名な作家の絵本展があるとゆいをはるかから引き離し(のちにこの絵本展自体嘘であることが発覚)、トワの夢を聞き出そうとするも、これは彼を不審に思った彼女に阻まれますが、そのことを不安に思ったトワはあろうことかゆいに同行することになってしまいました。*1

f:id:furafuraasobinin:20151025104112j:plain

皆が思い思いの場所に散ってしまい、はるかアロマらを連れて一人で町で買い物をしますが、その最中にアロマとパフが黒須に誘拐されペットショップに幽閉(苦笑)。

 

これにて、新クローズのはるか=キュアフローラ孤立化作戦完成というわけです。

 

孤立化したところで正体を明かし、一気に戦闘へ突入し畳みかける新クローズ。

f:id:furafuraasobinin:20151025105245j:plain

ここで新クローズがキュアフローラを一騎打ちで倒す、というのがプロットなのかな、と最初は思いました。新クローズクラスになると現段階ではサシの勝負になればプリキュアの力を凌駕しているようですし、ディスダーク側はまだ気が付いてはいないみたいですが、ゴプリメンバーが一人でも欠ければプリンセスパレスが根本的に使えないんですから。

猛攻で新クローズはキュアフローラを一方的に打ちのめした後、さらに追い打ちをかけます。よりにもよって精神攻撃で。

「皆の夢を応援したから、お前は一人ぼっちになった」

「お前の夢は悪夢にも変わるんだ」

うーん、前回の感想でも書いたけど、やっぱり新クローズは前とは別物っっぽいなあ。こういう陰湿な攻撃を仕掛けるのってどちらかというとロックの方がイメージなんですが、ディスピアの影響を受けるとこういう性格に変質してしまうという事なのかな。シャットさんは何とか免れてほしいけど…(苦笑)

 

一方、ペットショップの檻に閉じ込められていたアロマたちを偶然発見したカナタは異変を感じ取ってキュアフローラの元に向かいます。

キュアフローラはその段階で物理・精神両方で新クローズから攻め続けられ、かろうじて防戦している所だったのですが、そのズタボロになった彼女の姿を見てカナタはとんでもない事を口走るのです。

f:id:furafuraasobinin:20151025104230j:plain

「そんなに傷ついてまで夢を追いかける必要性はない」

「君はプリンセスにならなくていい! なれない!」

おいおいー! 言うに事欠いて何言ってんだこいつは!

これには新クローズも予想外だった様ですが、ここでキュアフローラの心はポッキリ。変身も解除され、はるかの絶望を糧にして以前町中にばら蒔かれていた絶望の種が一斉に発芽…といったところで今週は幕となりました。

 

今回のいくつかの注目点を整理してみましょう。

 

まず、はるかの絶望=以前に町中に蒔いていた絶望の種の発芽ですね。

前回の時限爆弾ゼツボーグ吹き飛ばしや今回のOP前のロボゼツボーグのビーム無効化も相まって、彼女のポテンシャルの高さは間違いなさそうです。その彼女の力を以て本格的な発芽に至ったというのは注目ですね。

新クローズ登場時、いささか常態化したセリフ「だが絶望した!」を最初に言われているのはフローラ自身であり、絶望の種発芽のターゲットとしてハナから狙われていた節もあります。

 

次に意図したわけではない、最悪の偶然が重なり合っていること。

冒頭場面で黒須がはるかに「君の夢を応援している」と言うのは、あくまでも彼女に近付くための甘言と孤立化のための伏線程度だったと思うのですが、よりにもよってそれははるかからしてみればカナタ以来初めて言われたセリフだったわけです。つまりはるかにとって父親を除く男性で「夢の応援」をしてくれたのは2人しかいなかったのです。が、よりにもよってその二人、黒須=新クローズには騙されて「貴様は一人っきりだ、夢の所為で」となじられ、カナタには「君はプリンセスにはなれない」宣言をされてしまったわけで、これは心ポッキリもしょうがないでしょう。

また、新クローズ自身も、カナタの一言が結果的にフローラを折った事に「誰だか知らんが手間が省けた」と語っており、新クローズとしてはカナタがいなくてもフローラの心を折る算段もあったのでしょうが、より酷い結末となってしまいました。

 

最後にカナタの存在の謎。

新クローズがカナタを見て「カナタ(王子)に似ている、だが、奴がここにいるはずない」と言っています。

また、カナタ自身も「僕には夢といったものがない」宣言をしており、記憶喪失状態にしても、以前の王子とはまるでかけ離れた覇気のない感じとなっています。*2

更にはるかへの心無い(と言って差し支えあるまいね)追い打ち。

あくまでも、傷つく彼女を救いたくてつい口走ってしまったのか、あるいは夢がない故に彼女が傷ついてまで戦うのが理解できなかったからこそ口をついて出てしまったのか…

どちらにせよ、彼は記憶喪失状態のカナタさんからカナタさん?(仮)になってしまいましたね。

 

なんか、すごいダークな幕引きで呆然としているところで次回予告になったわけですが…うん、次回でこの件は解決しそうな雰囲気でありますね。キュアフローラが元気な姿で新コスチューム(だよね?)で出てるし。ひょっとして販促アイテム新アイテム登場!?

f:id:furafuraasobinin:20151025105532j:plain

というか、来週はお休みってマジですカ!?(´;ω;`)

f:id:furafuraasobinin:20151025104300j:plain

 

今週のゴプリを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20151025104547j:plain

このごみ虫を見るようなトワの目を見よ! 普通はこうなんだよなあ(絶望の種発芽)

 

それでは、ごきげんよう。

 

-----------------------------------------

*1:ここのトワのぴしゃっとしたセリフは痛快だった。

*2:この覇気のなさは前々から気にはなっていた。