読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】Go!プリンセスプリキュア第35話「やっと会えた・・・!カナタと失われた記憶!」 感想

f:id:furafuraasobinin:20151004202020j:plain

テーマ曲こそ秀逸で印象深いものの、始まった当初は「どこに需要あるん? これ」と思ったら、まさかの4クール完走を果たしたトライブクルクル最終回でテンション上がった管理人です(笑)。

 

今週はとうとうカナタ再登場となりましたが、まさかの記憶喪失状態でトワさんは大ショックを受けるわ、はるか達はほとほと困り果てるわ、の巻です。

しかし、先週の引きのあの状態からどうやってカナタに結び付けるんだろうと、ずっと疑問に思っていたんですが、カナタの後姿を目撃したゴプリメンバーが聞き取り調査をした結果辿り着いたのが、なんと第13話に登場したバイオリン職人のお爺さんの所でした。

f:id:furafuraasobinin:20151004203011j:plain

考えてみればはるか・カナタ・トワの3人を結び付けている共通の要素にバイオリンがありましたが、これは見事な設定ですね。すっかり忘れていたキャラクターだっただけに完全に不意を突かれました。第27話のゆうきの事と言い、この作品はサブキャラクターも大切にしていて好感が持てますね。

 

バイオリン職人のお爺さんの家で、無事カナタと再会するゴプリチームの面々でしたが、前述のとおり彼は記憶喪失状態。

なんとか記憶を取り戻そうと、様々な方法が試みられますがどれも徒労に終わってしまいま…おいいいいいい! お爺さんもいる家ではるかさん、何変身しちゃってるのおおおおおお!

f:id:furafuraasobinin:20151004203602j:plain

と、焦ったら、何故か部屋の中にお爺さんはいない状態になっており、いちおう退出した状態で変身シーンをカナタに見せたようでしたが、そこらへん画面からはイマイチ伝わってこなくて、ちょっとマイナスでしたね。せめてお爺さん退室の前フリぐらいしとかなきゃ。

 

最後の手段としてはるか達が取った手段は、はるかが幼少の頃、カナタと出会った丘に連れていく事でした。というか、これも意外な盲点だったんですが、子供の頃にはるかが自分の夢であるプリンセスになる事を近所の悪ガキに笑われ落ち込んでいたところでカナタと出会ったというならば、あの丘はビジュアル的には幻想的には描かれているものの、実ははるかの実家のある土地(スイテイカワゴエシティカッコカリ)にあることになるんですよね。

f:id:furafuraasobinin:20151004204211j:plain

当時、そんな所になんでカナタがふらっと現れたのかは謎ではありますが、第1話のはるかとカナタとの最初の出会いのシーンは夢の世界などではなく紛れもない現実であることが今回再認識させられました。

 

ゴプリチーム全員+カナタで思い出の丘で記憶の糸を手繰り寄せようとしていた最中にゼツボーグが登場しますが、今回は最初からのフルメンバーのゴプリチーム、相手を完全に翻弄してのプリンセスパレスでの勝利となりました。

ちょっと今後に関係するかも…と思ったのは前回、キュアフローラがいない状態でゼツボーグと対戦した際、プリンセスパレスが使用できず大苦戦している事です。

ご存じのとおり、プリンセスパレスは4人のドレスアップキーの力を以てして発動させる事が出来るアイテムであり、逆から言えば4人が揃わなければ効果を発揮できません。即ち、今現在登場している二重施錠ゼツボーグを浄化するには4人全員の力が必要不可欠であり、誰か一人でも欠けてしまえば今のメンバーの力では敗北が確定してしまうという脆さがあります。敵がいつそこを突いてくるか、ですね。

あと、今回ゼツボーグ登場シーンの時ちょこっとだけ絶望の種が発芽した? みたいなシーンがありました。ディスピア以下新生クローズらもいくらゼツボーグが倒されても慌てるそぶりも見せておらず、着々と敵側の計画は進行状態のようですね。

ちなみに今回ゼツボーグ化した少女は「プリンセスになる」というはるかと全く同じ夢の持ち主でした。これって何かの伏線かもしれませんね。とにかく忘れた頃にふらっと過去サブキャラを出す傾向が、ゴプリにはあるような気がするので。

 

次回はみなみと海にまつわるエピソードのようですが、第16話でも似た感じのエピソードがあり少々不安ではありますね。

特にみなみは自身のキャラこそ立っているものの、生徒会長、財閥のお嬢様、基本的に完璧超人とこの手のキャラクターのステレオタイプ的な要素が詰まっており、若干スタッフが動かしにくく持て余しているのかな…という印象を受けます。*1杞憂に終わればよいのですが。

 

今週のゴプリを一言で表現

f:id:furafuraasobinin:20151004211136j:plain

ジョギングしているランナーにまで聞き込み調査して軽く引かれちゃってるトワちゃん、はるかさんよりルンルン気分♪

 

それでは、ごきげんよう。

 

-----------------------------------------

*1:だからこそ先日のきみまろみたいな変化球タイプのキャラと絡ませたのかもしれない。