読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【我思うに】もう彼でいいんじゃないかな

昨日のサッカーワールドカップのアジア二次予選、まずは勝利出来てほっとしたところでしたね。

色々思うところがある試合だったと思いますが、勝てたのですからまずは褒めてあげるべきです。相手を格下だとして勝つのが当たり前、みたいな感じで課題がどうこう言うのは相手に対して失礼です。相手をリスペクトした上で、自分たちの良かったところ、悪かったところを振り返ればいいだけですよね。特にマスコミ関連のものの言いようは酷い。

 

www.soccer-king.jp

ところでサッカーのご意見番といえば、この記事を書いているセルジオ越後氏は有名ですよね。しかし、毎回毎回、勝とうが負けようがぼろくそに書きますねえ。

氏は輝かしい経歴の持ち主ですし、なかなか点の取れない代表に苛立っているのでしょうね。辛口ではあるけれど正論も多く、自身もその立場である事を自覚した上で厳しいことをおっしゃっているのでしょう。

 

私は外国人の監督を迎えるのは今の日本サッカーには反対の立場です。

確かに利点もあるのでしょう。練習試合をするにしても良い相手を引っ張り出したい時、有名監督のコネはかなりモノをいうそうですし、やはり日本にはない独自の戦術を学べるという点もあるでしょう。

でもねえ、それは選手個々に技術があってこそ成立するのであって、この前のブラジルWCを見た時に、流石に「ああ、まだまだなんだ…日本」って思いましたよ。*1

言葉も通じない監督に、未熟な技術。上手くいくはずはありませんよ、少なくとも現段階では。

 

だからこそ、それならいっそのこと、セルジオ氏が代表監督になってもいいんじゃないかな、って思います。

あそこまで辛辣に欠点を挙げる事が出来るんです。ならば、それを直す実践をしてみればよい。

氏の評論が真の意味を発揮できるとすれば、最早それしかないんじゃないでしょうか。批評をするってことは、それだけの覚悟も必要だって事です。今のままじゃ、ただの文句で終わってしまう。マスコミもそれを面白がっている節があるんですから。

そんなことをすれば、どちらにせよ、今の代表は破壊されてしまうかもしれませんが、日本のサッカーを今すぐレベルアップ、なんてどだい無理な話です。じわじわ基礎を押し上げていかないと。

 

Jリーグが発足して、日本のサッカーもかなりレベルアップはしましたよね。でも、セルジオ氏の求めるレベルにはまだまだ足りない、という事なのでしょうから、氏はその礎になる覚悟あるのなら、批評ではなくその意見をぶつける指導者という場に出てきてほしいものですね。

 

批評の存在しない世界には向上は望めない。しかしそれが過ぎれば今度はその行き場を実践に求められる。

 

-----------------------------------------

*1:もちろん、そんな事を言ってても日本のサッカーのレベルは向上しないんでしょうから、外人さんの監督を呼ぶのであれば4年…などと言わず長期的な視野で選んでほしいんですよね。