読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【我思うに】再来年の大河ドラマ

再来年、2017年のNHK大河ドラマが「おんな城主 直虎」に決定したそうですね。

www.oricon.co.jp

 

個人的には、なかなか面白いテーマだと思っています。鉄板ともいえる、信長・秀吉・家康の「御三家」の大掛かりなサクセスストーリーなんかも面白いといえば面白いですが、あまり知られていない人物にスポットを当てるのは悪くないと思うのです。

 

なんですが、どうにも皆さんの評価は芳しくないようですね。

特に見かける意見が「こんなヤツ知らない。興味ない」みたいな意見でした。

 

 

正直、もったいない。

自分の知っている人物の物語を準えて見るのも、ドラマ化の楽しみの一つかもしれませんが、自分の知らない事を知るチャンスだと私なら考えます。

お恥ずかしい話ながら、私が今回のドラマの主人公、井伊直虎の事を知ったのは、とある戦国武将が女体化するソシャゲででした。

少なくとも私の場合、あの手のソシャゲというのはもちろん歴史上の人物がモチーフなのですから、気に入ったキャラクターがいればその人物が実際どういった人物だったのか調べる訳です。ほとんどのキャラは実際に女性ではないんですから。

だから逆に井伊直虎の事を調べた時はびっくりでしたね。城主を継ぎ、男の名を継いだ女武将。こんな人物がいたのか、と。

私はたまたまソシャゲが理由で直虎の存在は知りましたが、大河であまりメジャーではない人物が取り上げられているのなら、その人物について調べてみればいいのに…と思う訳です。だからこそ、もったいないなあ、と。

知識は無形の財です。いくら持ってても嵩張らず、いくらでも蓄えることが出来る。そう考えれば、知らない人物の大河を見るのも、それが高じて調べ物をするのだって悪くはないですよ?

 

ただ、大河であまりに歴史からかけ離れた創作をしたり、その人物最大の見せ場を荒く作ってしまうのは勘弁ですね。大河「ドラマ」でありエンターテイメントなのですから、ある程度の演出はしょうがないにしても、「篤姫」の篤姫と帯刀とのエピソードなんかは正直見てて頭痛かったですし、「天地人」で長谷堂城の戦いを合戦シーンなしでほぼスルーしたのは理解に苦しみました。

 

余談ですが、一昨年房総にツーリングに出かけた際、こんなものを見つけました。

f:id:furafuraasobinin:20150825173949j:plain

個人的にはすっごく見てみたい題材です。いつかやってくれんかねえ。