ふらあそ!

ゲーム好き・漫画アニメ好き・自転車好き・鉄旅好き。インドアだったりアウトドアだったりのふらふら遊び人の日記帳、略してふらあそ!

【アニメ】HUGっと!プリキュア第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」感想

f:id:furafuraasobinin:20181209105300j:plain
カップル…くぉのバカップルめええぇぇぇ!(僻み)

 

と思ったら、まさかの大失恋の話でした(壮絶なネタバレ)。まさかここまでやるとはなあ…

 

話の流れとしては、大きな大会を控えたほまれでしたが、彼女のハリーに対する恋心は最早スケートの出来に影響するほど重症化しており、さあやをはじめとした他のはぐプリメンバーに心配されるほどとなっていました。

もちろん、ほまれもアンリからの叱咤もありその自覚はあったのですが、大会日の出番直前、他のはぐプリメンバーの手引きによってハリーに直接気持ちを伝える事になる…というものです。

 

しかし、今回は本当に驚きましたねえ。先週の男性プリキュア誕生も驚きましたが、個人的には今回の方が全然インパクトありました。

 

f:id:furafuraasobinin:20181209105338j:plain
上でも書きましたが、ほまれは今回堂々とハリーに告白しました。そしてものの見事に完全玉砕しました。

 

こう書くとだから何? の世界ですが、よく考えてみるとシリーズでも初の試みだったんじゃないでしょうか。

確かに女子中学生という多感な年ごろの女の子がメインキャラのプリキュアシリーズですから今までも幾度となく恋愛に絡む話はありました。5GOGOののぞみとココをはじめ、全体的に恋愛そのものをテーマの一つにしたハピチャ、ゴプリのはるかとカナタなど、枚挙にいとまがないほどです。

しかし、どの恋愛要素も話の終盤になるにしたがって忘れ去られたり(これはスイートの奏と王子先輩が代表例だろうか)、結局はっきりしないまま終わったり、または単純に成就して終わったり、とよく言えばハッピーエンドや希望を残した形で、悪く言えば有耶無耶になって終わるものが殆どでした。

今回、ほまれの母親も言っていましたが、恋愛と言うものは必ずしも上手くいくものではありません。ある意味成功の象徴であるヒロインの大失恋を描いたのは凄い勇気だったと思います。

ほまれは元々芯の強い娘ですし、これを糧にしてスケートの道に邁進するのでしょうが、こう考えるとオシマイダー化体験者且つケガからの復帰を果たしたスポーツ選手と言う意志の強さを今まででたっぷり演出できたのは非常に良かったと思います。ここまで描いたからこそ、ハリーに振られた直後に輝くほどの演技が出来たのも納得できるのですよね。

f:id:furafuraasobinin:20181209105427j:plain

しかし、その振った方のハリーなのですが、やはり心はキュアトゥモローに傾いているのですね。それはそれでいいのですが、そうなると彼女はどこかで再登場してもう少しどういう人物なのか描いてほしいかな、という欲求は産まれました。はぐたんの今までの行動や、先回の回想編ではやはり不十分だと感じます。ほまれを振ってまでハリーが選ぶ人物なのですから。

f:id:furafuraasobinin:20181209105527j:plain

そう言えば、ちょっと気になったのが今回久しぶりに登場したほまれの母親です。今回はハリーとの恋に悩むほまれを諭す役として登場しました。シングルマザー、離婚歴ありというのは過去回で名言されていましたが、今回は父親の事に言及しており、その際結婚した後も辛いこともあった、と言っているのですよね(後悔はしていない、というニュアンスの事も言っていたが)。どうもその様子から父親とは死別した感じではなかったですし、これはひょっとして…と思わせる表現でした。たまに(悪い言い方をすると)言葉尻を捕まえると「え…!?」と思わせるのがはぐプリの面白い所でもありますね。

 

f:id:furafuraasobinin:20181209105614j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181209105626j:plain

あとはぽつぽつと、例えばアンリは車いすに乗りながらほまれを叱咤しており、これは指導者としての道を進む暗示かなあ、とか、振られた後のほまれを優しく抱きしめるはなさんマジ天使、とか色々見どころはありましたが、なんかほまれの大失恋の前には何となく霞んで見えたというか…返す返すもよくこのシナリオの領域に踏み込む決心がついたなあ…としか。正直、脱帽しました。

戦闘シーンは最早おまけレベルのチープなものでしたが、振られた直後のキュアエトワールに嘲笑を浴びせたビシンに「一生懸命やった者を笑う資格はテメエにはねえよ、あんまふざけた事ばっか言ってるとぶち〇すぞ(意訳)」と啖呵を切ったキュアエールさん、マジイケメン…実際、ビシンは敵側陣営の場面で「ハリーさえ側にいてくれれば状況は問わない」みたいな完全に狂気の世界に入り込んでいるシーンが挿入されており、完全に思考を停止した状態で、結果はどうあれ能動的に動いたほまれとは対称的に描かれていましたね。

f:id:furafuraasobinin:20181209105705j:plain

そう言えば、今回の戦闘で完全ホールドされたキュアエトワールが他メンバーの応援やキュアエールの啖呵をばねに無理矢理こじ開けるシーンがありましたが、正直「力」プリキュアっぽいのを見せた初めてのシーンかもしれません( ´艸`)今何話だと思ってんねん(笑)。

 

最後はほまれが大会で優勝するというハッピーエンドとなりましたが、これで吹っ切れたのかな? 新しい恋を見つけるのか、ハリーの事を引きづるのかまでは分かりませんが、どうにもドライには徹しきれない雰囲気もありますし、そういう事が解りにくい、複雑な心情を持っているキャラクター性が彼女の魅力なのかもしれませんね。

 

f:id:furafuraasobinin:20181209105755j:plain
引きでは、さあやが過去回で夢の一つとして語った母親との共演が早くも実現する、みたいな場面が挿入されて幕となりましたが…

 

f:id:furafuraasobinin:20181209105826j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181209105842j:plain
次回予告だと…大丈夫か、これ?( ´艸`)

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181209105912j:plain

おイモ食いながら恋を語る女、パップル

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

【アニメ】HUGっと!プリキュア第42話「エールの交換!これが私の応援だ!!」感想

f:id:furafuraasobinin:20181202140520j:plain


「~なのでありますか!」口調連発のはなさん、元自衛隊の昔の友人を思い出す…

 

さて、今回は色々問題回でしたね…なんとなく制作側の趣味が滲み出た感じがしなくもなかったですが、正直ここまでやるならもう少し考えてほしかった…というのが素直な感想です。おいおい後述しましょう。

 

話の流れとしては、先回から匂わされていたアンリの足のケガですが、彼自身はもう限界だと感じており、直近で行われるジュニアスケート大会を最後にしたいとほまれに告白します。

f:id:furafuraasobinin:20181202140545j:plain

明らかに様子が変わったアンリをほまれが心配する中、不幸は重なるもので彼は大会当日(これは日にちが前後していた可能性もあるが、表現的には当日にしか思えなかった)交通事故に遭い、元々痛めていた足に重傷を負ってしまいます。

最後と心に決めた大会への出場も閉ざされ打ちひしがれているアンリの前に、プレジデント・クライに再洗脳されたリストルが現れ再びクライアス社へのスカウトを行う…というものです。

 

さて、今回は濃厚なアンリ回でした。そして、彼の救済にはなの「他人を応援する力」が最大限に発揮される、というのがコンセプトでした。

まずはアンリから語りましょうか。

基本的にサブキャラでありながら、はぐプリのテーマの一つであるLGBTに関わっていたり、ほまれやはな、更にはえみるの兄である正人との関わりが深かったり、よく言えば破格の扱い、ちょっと穿った見方をすると製作者側肝入りのキャラクターと言えます。

f:id:furafuraasobinin:20181202141238j:plain

そして、今回は先週の予告でアンリが闇堕ちするのでは? という予想が為されましたが、ご丁寧にOPにまでアンリがクライアス陣営にいる様な表現が追加され、まさかの敵幹部化か!? と思われました。…が、これは完全にフェイクでしたね。*1

f:id:furafuraasobinin:20181202140623j:plain

ただねえ…今回のOPの演出もそうなんですが、ちょっとインパクトを与えてからの煙の巻き方が鼻につきますよ。過去回で性同一性障害とスケーターとしての自身の在り方に悩んでいる様に見せていながら、実は(「自分に時間がない」と言った理由が)足にケガを負っていたからだったり、何というか…どうにも煮え切らないんですよね。

そして今回最大の衝撃、恐らくゲスト扱い(キュアペコリンなど)にはなるでしょうが、とうとう正式な男性プリキュアが誕生してしまいました。ギャグ(原西やアニメ店長)や近しい存在(ジュリオ)の男性プリキュアもどきは存在しましたが、今回のアンリ=キュアアンフィニ変身は流石にやり過ぎ感が半端なかったです。

f:id:furafuraasobinin:20181202140702j:plain

確かにアンリはサブキャラとしては破格の扱いを受けています。しかし、プリキュアの有資格者となれるほど深く描かれていたかと言うと、正直言うと、うーん…です。今回は意外な脆さを露呈はしましたが、過去の登場回で悟ったような澄ました態度に終始していたのも印象は良くなかったですね。今作で度々語られる「誰でもプリキュアになれる」のテーマに沿っての演出なのかもしれませんが、はっきり言うと、プリキュアになる、と言う事はそんなに軽くないですよ。男性プリキュアを描きたいのであれば前作プリアラのジュリオクラスの描き方をしなければ到底納得は出来ません。

彼の扱われ方から考えるに、このキュアアンフィニ登場=プリキュア初の男性プリキュア登場は初期から考えられていた既定路線だったと予想できますが、それならば出番をもっと増やすなり、声優さんを彼の見た目に合わせたもっと中性的な人を当ててみたり、それなりの工夫が必要だったと感じます。

上で例に挙げたジュリオなどは

敵幹部として登場→相次ぐ失敗に加え、ゆかりに一方的に頭脳戦で敗れ→強い力を求め暴走→更に姉のシエル登場→彼女へのコンプレックス、そして和解→プリアラ陣営に加わる→更に改心した後も過去の罪に苛まされる

ここまでの段階を踏んでおり、このクラスの扱いをしなければ男性プリキュアなどその場限りだったとしても出すべきではなかったでしょう。しかもジュリオは似た力を行使したものの正式にプリキュアは名乗っていません。

ここまで書いておいてお分かりかもしれませんが、決して男性プリキュア登場そのものを否定している訳ではないのです。ただ、やるのであればそんな簡単な話じゃなかったんじゃないの? と言う事ですね。まして、アンリは上でも書いた通り今までのLGBTがらみのネタフリ、主要人物との接点が多い点、更にクライアス社に目を付けられたほどのダークさも持ち合わせていた点など、色んな意味でネタの宝庫だったでしょうに。残念ながらアンリ=キュアアンフィニは登場させるほどの段階までには達していなかった…というのが自分なりの感想ですね。

f:id:furafuraasobinin:20181202140815j:plain

ただし、今話はアンリの成長物語としては非常に良かったですね。彼は元々他人には頼らない孤高の性格でしたが、今回の件でプリキュア、特にはなが気にかけてくれたことの大切さ、彼を支えてくれていた正人の献身、そして自身のスケートの本質=ファンからの声援を糧にしていた事、全てに気が付くことが出来ました。

f:id:furafuraasobinin:20181202141032j:plain
何より、今までは自身の夢をプリキュア(というよりははぐプリチーム)に託していた節があった彼が、最後には自分の道を自身で見つけるくだりは名場面と言ってもいいと思います。その集大成がプリキュア化であった、と。トゲパワワが最大になりリストルの手によってオシマイダーのベースになった際にも、本人の意識はしっかりしており、猛オシマイダーを操る場面も見られてたので、元々の精神力は高かったのでしょう。

最後は自分なりの道を模索する、という事をはな達に告げましたが、ケガを克服して選手として復帰するのか、引退してアイスショーの道に進むのか、はたまた指導者としての勉強に入るのか…猛オシマイダーが浄化された後、リストルは「ひと時の夢に溺れれば残るのは現実だけ」と呟きましたが、今のアンリならばもう大丈夫そうですね。社長の強制洗脳とかなければ…ただ、このリストルの台詞は結構深いよなあ…

 

今回は完全にアンリに持っていかれた回でしたが、少しはなについても触れておきましょう。はなは元々他人をあけすけに応援できる非常に心根が優しい娘ですが、今回のアンリへの説得は彼女の能力が最大限に発揮されましたね。

f:id:furafuraasobinin:20181202140837j:plain

特に感心したのは、彼女は決してアンリに同情の念を見せなかった事です。正人の様に「(事故を)自分が変わってやりたかった」という深情けもいいのでしょうが、そういうのは重荷にしかならない人物は実際にいます。アンリももろにそのタイプで、作中でも「下手な同情は嫌いだ」とはっきり明言しました。

f:id:furafuraasobinin:20181202140855j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181202140917j:plain

しかし、リストルの誘導により負の感情に捉われ、猛オシマイダーを暴れさせているアンリにはなが贈ったのはひたむきな応援でした。彼女自身も「貴方の苦しみは全ては分からない」と言っていましたが、結局自身の問題を解決するのは自分だけである、と。しかし分からないなら分からないなりに懊悩する人物に手を差し伸べる、その究極の形が彼女にとっては応援なのでしょうね。人の心は他人には簡単に推し量れないものです。多くの干渉はせず、しかし最大限の声援を送る。彼女は過去に辛い目に遭った分、少し大人なのかもしれませんね。

 

 

f:id:furafuraasobinin:20181202140935j:plain
来週は…いよいよほまれとハリーの件に決着が付くのでしょうか? この件についてはビシンとキュアトゥモローが絡むなかなか厄介な問題でもあります。時間をかけて描いてほしい所なのですが…残りの時間を考えるとちょっと厳しいのかな。尻すぼみにならなければ良いのですが。

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181202140957j:plain

分からない事があったらすぐ端末で調べる。うちの母親が真っ先に習得すべき能力であるッ! (´;ω;`)

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

----------------------------------

*1:ただし、今回追加されたクライアス陣営メンバーはアンリを除いて全員プリキュアに浄化され済みのメンバーだったのよね。だからアンリも一旦トゲパワワに染まるが浄化されるのかな? とも感じた。そう考えると、リストル再洗脳は伏線かもねえ…

【アニメ】HUGっと!プリキュア第41話「えみるの夢、ソウルがシャウトするのです!」感想

f:id:furafuraasobinin:20181125111013j:plain

プリキュアシリーズはたまに少年漫画ばりのノリを画面で醸し出す癖があるよね…

 

さて、今回は…ある程度予想はしていましたが重い回になりましたね。

 

話の流れとしては、はぐたん・ハリハムハリー・ルールーの未来からやってきたメンバー(以降未来組と呼称)が正式にクライアス社を倒した後に未来に帰る事を宣言したのですが、それにショックを受けたえみるが精神的に参ってしまい、声が出せなくなってしまいます。

f:id:furafuraasobinin:20181125111028j:plain

兄の助言などもあり、思いのたけをルールーにぶつける事で声が出なくなる症状は改善はするのですが、そこにえみるの祖父をベースにした猛オシマイダーをビシンが召喚して…というものです。

 

まず、最初に疑問に思ったのが、未来組の未来への帰還そのものについてです。作品序盤で語られていますが、ハリハムハリーの本来の目的は未来世界を救うため過去の世界(今の世界)でクライアス社を滅ぼすことにあります。まあ、もっとも先週で過去に来たこと自体が偶然と言うか作為的な行動ではなかった事が判明してしまいましたが…

しかし、未来組はクライアス社の野望を止めてから未来に帰還する事を宣言しています。クライアス社を倒すイコール未来の世界はクライアス社そのものがない世界になる訳ですから、そもそもプリキュアとして戦う必要性がありません。つまり元々未来の世界の住人であるはぐたんやハリーはともかく、未来産まれとは言え感情を今の世界で得て生まれ変わったルールーは帰る意味をあまり見出せないのです。しかも割り切った考え方をするなら、ルールーはアンドロイドですから悠久の時を生きて未来に帰還する事も可能です。*1今話の後半で未来の世界には歌がないのでそれを伝えにいきたい旨をルールーは言っていましたが、クライアス社がなくなれば歌のない絶望世界そのものがなかったことになる可能性があります。

もう一つの可能性はクライアス社がなくなった世界と未来組がいたクライアス社が存在する世界が別々のパラレルワールドになる場合です。ドラゴンボールのトランクスのエピソードや古くはドラえもん映画「魔界大冒険」で扱われたネタですが、今の段階では未来世界のプリキュアの救出の事なども含めて、こちらの世界観の方が有力でしょうか。ただ、今話でルールーがえみるを説得する際に「私は未来に一足先に行っていますから未来で会いましょう」という旨の発言をしていたので、これでパラレル有りはちょっと無理がある気もします。

最初の方でこの作品にタイムパラドクスが絡むと予想できた際、捌き切れるかどうか非常に不安視した事を思い出しますが、残り8話(or9話?)で納得いく回答が得られるかは非常に不安です。ただ、最終回(正確には最後は引き継ぎ回だろうから1回前の回)は別れの話になりそうですね…

 

そして今回は濃厚なえみルル回でもありました。ルールーが帰る事にえみるがショックを受けて心を閉ざしてしまうのですが、その時のえみるが猫型の変顔に終始していたのでギャグチックに描かれていましたが実際はかなりの重症であり、途中で声がそのものが出せなくなった挙句、その事が原因でミライクリスタルが消滅してしまう、という事態に発展しました。

f:id:furafuraasobinin:20181125111413j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111126j:plain

興味深かったのはそれと同時にルールーのミライクリスタルも消滅してしてしまった事です。正直、今回の話にルールー自体に落ち度がありません。しかしそれが故にえみルルコンビは一心同体である事も強調されましたね。更に途中でビシンが呼び出した猛オシマイダーから逃げ回っており、変身できなかったのは一目瞭然です。やはり彼女らは二人が揃わないと(そしてミライクリスタルが揃わないと)変身出来ないのでしょう。

f:id:furafuraasobinin:20181125111436j:plain

そうなると、ルールーが少なくともプリキュアとして単独で未来へ帰還するのは意味がないのでは?」と一瞬思いましたが、今回のえみるへの「未来で待っています」という優しげながら強い意志を見せたのは良かったですね。実際、えみるが「帰ってほしくない」と素直な心情を吐露し、ルールーが上記の意志を伝えてえみるがお互い離れていようと親友である事を確信した際にミライクリスタルが復活した訳ですし、何よりその心があれば単独でも変身可能なのではないか、と思わせる演出は素晴らしかったです。

今まではえみるの方がお姉ちゃんぽいなあ、と思っていましたが、今話はルールーがお姉ちゃん的に振る舞いましたね。そしてえみるは年相応の感情が見せてくれた訳で掘り下げ回としては申し分なかったと思います。

f:id:furafuraasobinin:20181125111139j:plain

そして、最後に評価したいのが終盤に猛オシマイダーを退けた後にメンバー全員で泣きはらすシーンでした。これはスマイルプリキュアのれいか留学回や最終回のオマージュだと思われますが、えみるを元気づけようと河童の着ぐるみを着たはなや二人羽織を披露しようとするさあや・ほまれも考えてみるとえみる並みに変な行動をしている訳で、結局未来組帰還にショックを受けておかしくなっていたのはえみるだけではなかった、というのが伏線になって最後の泣きはらすシーンに繋がったのは上手だなあ、と感心しました。ただ、ほまれは…どうするんだろうねえ、ホント。

 

次第に着地点が見え始めたはぐプリですが、最終回付近の涙腺崩壊が今から危惧されます( ´艸`)同時に総括の方針も徐々に固まってもきました。あと2か月、どういう物語を紡ぐのか今から楽しみでもありますね。

 

f:id:furafuraasobinin:20181125111219j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111226j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111233j:plain

次回は、とうとうアンリにクライアス社の魔の手が伸びるようですが、予告を見た感じだとほまれというよりははなが一枚噛んできそうですね。ミライブレスに変化がある様なニュアンスもありましたし、なかなか目が離せませんね。

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181125111330j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111246j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111256j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111307j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181125111314j:plain

えみるの猫変顔はどう考えてもパンデミックレベル!(,ΦДΦ)

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

----------------------------------

 

*1:クロノトリガーにこんな話がありましたね。

【アニメ】HUGっと!プリキュア第40話「ルールーのパパ!?アムール、それは…」感想

f:id:furafuraasobinin:20181118113918j:plain

そう言えば、ルールーがまだ敵だった頃、随分なセンスの飛行物体に乗っていたけど、あれって多分トラウムの影響だよね( ´艸`)

 

さて、今回は先週のやけにバタバタしていた回を補完しつつ、一気に設定を暴露する回となりました。ドクタートラウムがクライアス社の内情を、そしてハリハムハリーがはぐたんの事を交えつつその補足をする形です。まずは箇条書きして整理してみましょう。

  • 先週の未来の世界に皆を飛ばしたのはドクタートラウムの仕業。未来での出来事を見せたかったようだ。
  • トゲパワワを散布し未来を奪い時間を停止させることを社是とするクライアス社、未来の世界ではそのクライアス社の前に4人のプリキュアが立ちはだかった。その中の一人にキュアトゥモローがおり、彼女はリーダー的存在だった様だ。
  • キュアトゥモローは未来を司る女神マザーの力を最も濃く引き継いだ存在である。
  • キュアトゥモローは改造され暴走していたハリハムハリーを鎮めるものの、クライアス社に追いつめられてしまう。しかし、今度はハリハムハリーの手引きにより脱出。しかし、追手は執拗に迫りキュアトゥモローはマザーの力を最大限に解き放つ。
  • 結果、ハリハムハリーとキュアトゥモローは過去の今の世界にワープし、彼女は力を使い果たしたのか赤ん坊の姿に戻ってはぐたんとなった。

ある程度察しは付いていましたが、やはりはぐたんはプリキュアでしたか。個人的にはマザーそのものという線を考えていましたが、どちらかと言うとまほプリのはーちゃん(マザーラパーパの力を引き継いだ存在)に近いという印象を受けました。実際、過去回には赤ん坊状態にもかかわらず初代を召喚したり、今回の回想でも暴走ハリーを触れただけで正気に戻す&本来の小さな姿に戻す(ついでに封印の鎖もその時に生成されている)など、他のはぐプリメンバーとは一線を画す力を持っていますね。

f:id:furafuraasobinin:20181118114055j:plain

話の流れとしては、ドクタートラウムとハリハムハリーの解説が一通り終わった所で、自分を父親だと名乗ったトラウムに対してルールーは軽い錯乱状態に陥ってしまいます。はなの協力で何とか落ち着いたものの、ドクタートラウムときちんと向き合って対話する事でお互いの思いが交錯し…というものでした。

 

はぐたん=キュアトゥモローや未来の戦士について

さて、今回ははぐたん=キュアトゥモローであると同時に、そのプリキュア達の神にあたるマザーの存在が明示化されました。そして、プリキュアが未来の世界にもいた事も示唆されました。この事は作中序盤でもシルエットの形で暗示はされていましたね。

最初観た時はキュアトゥモローは別枠で、残りの4人がいたのかな? と感じました。どういう理屈でか分かりませんがルールーを除いたはぐプリメンバーがその4人として存在しているのではないか、とも考えました。

f:id:furafuraasobinin:20181118114013j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181118114700j:plain

が、シルエットの一人はどう見てもキュアトゥモローである点、キュアマシェリはキュアアムールがいないと変身できない可能性がある点、更にEDテーマでのスタッフロールの「未来の戦士」が3人+声優がはぐプリメンバーとは別の人間が当てられていた点を考慮すると、少なくとも今の段階では別人だと思われます。*1

何にせよ、残りの未来プリキュアの安否は気になりますね。キュアトゥモローも彼女らを見捨ててまで過去の世界に飛んできたようなニュアンスで描かれており、このままフェードアウトとは考えにくい存在です。

そして、はぐたん=キュアトゥモローである事実を知って密かに様々な感情がないまぜになっていそうなのがほまれです。今話でも2回ほどはぐたんとハリーの関係性を見てアンニュイな表情をし、さあやが心配そうに見つめているシーンがありました。

f:id:furafuraasobinin:20181118114124j:plain

ほまれはただでさえはぐたんを溺愛していた訳ですから、そりゃ胸中複雑でしょうね…先回のビシンとの対決回でもある程度ハリーへの想いをさらけ出してしまっている訳ですし、ここら辺はどう解決するのかはちょっと興味深いです。ただ、今回の引きの場面でも言われていましたが、はぐたん、延いてはハリーもいずれは自分たちの世界=未来に帰らなくてはならない訳で、これはハリーの動向にも注目でしょうか。正直、こんなドロドロ話に発展するとは思わなかったよ…

今後、キュアトゥモローが出るにしても追加戦士というよりはあくまでもゲスト枠(ルミエルやキュアエンプレスが立ち位置としては近いか)として扱われるのでしょうが、彼女が物語に於いて終盤とは言えどの程度のウェイトを占めるのかは作品全体の出来に影響しそうですね。

 

ルールーとドクタートラウムについて

f:id:furafuraasobinin:20181118114200j:plain

とりあえず、たこ焼きヤケ食いはやめて(笑)。

上では冗談めかして書きましたが、この二人は親子っぽさが出ていていい演出でしたね。

ルールーはまずドクタートラウムに自分が欠陥品だから捨てられたのではないかというトラウマ、そして、それなら何故自分に感情を解する程の高度なAIを搭載されたのか、という疑問がごたまぜになり、彼にキツイ態度で接してしまいました。

それでも中盤にトラウムが彼女の疑問に対して人間とはそういう矛盾した生き物なのだ、と優し気に語り掛けた点や終盤でジェロスの呼び出した猛オシマイダーに痛打を食らわされそうになった時に彼が庇ってくれたことに態度を軟化させました。

f:id:furafuraasobinin:20181118114236j:plain

ラウムの名付けてくれたアムール=愛を受け入れてこれからも生きていこうと決意するシーンは本当に良かったです。

逆にドクタートラウムの事情は全ては分からずじまいでした。当初は自分の理想のアンドロイドが出来たと喜んだものの、どうにも暴走しがちな彼女に正面から向き合えなくなった様ですが、そこに彼女を受け入れてくれたプリキュアに対する嫉妬感などが合わさってどうにも複雑な感情を抱いていた様です。

f:id:furafuraasobinin:20181118114255j:plain

ところが彼女の過去を思い出す場面で一瞬だけ謎の少女が映りました。これが何なのかは分からずじまいでしたが、あえて想像するならやはり自分の娘かねえ…そしてルールーのモデルになったと邪推してしまいます。それならば、ルールーに愛を冠するアムールの名を与えた事や、悪い言い方をすると機械人形のアンドロイドに対して非常な情を移していた描写も概ね合点出来ます。*2

一回はルールーと向き合えなくなったトラウマ、彼女を受け入れたプリキュア達への嫉妬、そして彼女に対する思い入れ。幹部時代は愛ゆえに大きく狂っていたキャラクターとも言え、それならば先回のオールスター回でのパワフルさや、強力な力によって完全浄化されたのも納得です。逆から言えばオールスター回での敵役は(少なくともレギュラー放送としては)彼でなくては務まらなかったとも言えますね。

 

上でも書いた様に引きでは、最終的には未来から来た人間は元居た世界に戻さなくてはならない*3、という流れとなりましたが、それにははぐたん=キュアトゥモロー、ハリハムハリーに加えルールーも含まれるわけで…えみるがその事に気が付いて絶叫するという所で幕となりましたが、次回は

f:id:furafuraasobinin:20181118114529j:plain

 

なんかえみるが壊れてるぅぅぅぅぅ!?

f:id:furafuraasobinin:20181118114544j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181118114558j:plain

恐らくはルールーが未来へ帰還する事を受け入れる様な流れになるのでしょうが、何しろ彼女は小学生です。どういう流れで彼女が納得するのか、それとも駄々をこねるのか、それとも精神的に追い詰められてしまうのか、そしてルールーは何を思うのか…予告画面ではギャグっぽい場面が散見されましたが、しんみりした回になりそうですね。

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181118114616j:plain

最後のルールー・トラウムの和解場面「まずは一緒にご飯を食べませんか」

非常にいい場面だったんだけど仮に語尾に「貴方のおごりで」という単語をくっつけるだけで一気に戦慄の場面に早変わりするという艦これ赤城感(笑)

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

----------------------------------

*1:もう一つの可能性としてはえみルル二人がイレギュラーであって初期三人+キュアトゥモローの4人のシルエットだった路線が考えられる。

*2:ただ、この少女、あまりルールーに似ているとは思えなかった。どちらかと言うとラブ〇イブのキャラみたい…という印象。

*3:未来に戻る必要性はないのでは? という疑問があるが、やはり未来の人間が過去に長時間いる事による齟齬、未来に置いてきた他のプリキュア達の事、何よりクライアス社を今の世界で倒す事により時間が動きだし元に戻った未来世界が待っているだろう点を考慮すると帰らざるを得ないだろう。ルールーも元々は時間停止後の世界を管理するように作られている以上、そのフォーマットはあくまでも未来世界のものである。

【アニメ】HUGっと!プリキュア第39話「明日のために…!みんなでトゥモロー!」感想

f:id:furafuraasobinin:20181112213035j:plain

お、このあとすぐでトラウム生存確認、っと。

 

さて、今回は何というか…ハリハムハリーの事も含めて敵側にスポットが当たった回でした。後半ではここ最近ちょくちょく出てきたハリーの思い人?らしき人物が顔見せ登場し、否が応にもストーリーが佳境に入ってきた感が強くなってきましたね。

 

話の流れとしては、いつもの様にビューティーハリーでたむろしていたはぐプリチームでしたが、何の前触れもなく突如電脳空間? に飛ばされます。飛ばされた先は未来の世界に於いてネズミ形態のハリーが過ごしていた通称ハリハリ地区。

f:id:furafuraasobinin:20181112213128j:plain

かつての同胞たちと再会するのもつかの間、それはリストルの罠であり、ハリーはそこで起こった過去の悲劇をフィードバックさせられ精神ダメージを負い、更にプリキュアメンバーも未来を奪われたはぐくみ市を見せられ、そこを背景にバトルに突入するものの高い戦闘力を持つリストルに圧倒され…というものです。

 

今回はハリーの背景がかなり描かれましたね。未来の世界に於いてのハリハリ地区というのはドラえもんに出てくる空き地みたいな場所であり、地区と謳ってはいるものの実際はかなり小さな群れの事でした。ハリーはそこで長兄的な立場だったようで、下の者からかなり慕われている様な描写がありました。作中でも言っていましたが、だからはぐたんなどの面倒もある程度慣れているのですね。

f:id:furafuraasobinin:20181112213152j:plain

そして、上でも書いた様に彼の過去がフィードバックされるのですが、判明した点としては

  • クライアス社から勧誘が前々から来ていた。人間になれるという条件も付けて。
  • ビシンはどうも病身だったようで、人間になればそれも治る、と考えていたようだ。また医者が「ドクタートラウム」だという事も判明。

    f:id:furafuraasobinin:20181112213612j:plain

  • 最初にクライアス側に行ったのはリストル(過去回でもビシンがその事を非難している)。
  • ハリハリ地区は最終的には業火に包まれ滅んだが、それがクライアス社の仕業なのかは不明。
  • その際にハリーははぐたん大人バージョンを逃がそうとしている。

どうにも全てが判明した訳ではないのですが、ハリーのクライアス社に対する激しい不信感から考慮しても、ハリハリ地区を焼いたのはクライアス社と考えるのが妥当でしょうか。いずれにしても、彼は故郷を喪ってしまった訳ですね。

故郷を焼いたことにリストルが関わったのか、それとも後半でハリーやはぐプリチームに対して言った「大きな力に小さな力を集めても無駄」という考えに至ったのかは、ちょっと良く分かりませんでした。今でこそ敵対している訳ですが、リストルもハリハリ地区には相当な思い入れがある描写がされていましたし、後者かと思いますが。

さて、そのリストルですが、今回は彼の心理描写や原動力に加え、戦闘でも高い能力を発揮するなど、かなり深く描かれました。

f:id:furafuraasobinin:20181112213232j:plain

最初はネズミ形態で格闘戦を始めて何事かと思いましたが、ハリーを吹っ飛ばす際には頂肘を使用したり、プリキュア達と対峙した際には棍を用いており、中国拳法系の技を駆使していてなかなかのカッコ良さです。オシマイダー発注もそれ系のいい動きでかっこいい。

f:id:furafuraasobinin:20181112213249j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181112213257j:plain

彼の原動力はどうも「ハリハリ地区でいつまでも平穏に暮らしたかったが、結局クライアス社という大きな力にはどうあがいても太刀打ち出来ない」事実に対して絶望した、というのがある様ですね。いやな言い方をすると長いものには巻かれる事を選択した訳です。

しかし、ハリハリ地区滅亡の責任をどうにもハリーのせいだと思っている節もあり、ここらへんはビシンとは立ち位置が違うのは面白かったですね。

f:id:furafuraasobinin:20181112213633j:plain

更に、今回のプリキュア達の新必殺技によって浄化されて正気に戻ったのか、今度はプレジデントクライに怒りの矛先を向けましたが、その直後に彼自身に眠らされており、ひょっとして洗脳も入っていたのかな? とも思われました。今後どうなるかは注目でしょうか。

 

そして、今回ははぐたんもかなり出張りました。

ハリーとサシの勝負をするべく、プリキュア達を無限空間に閉じ込めましたが、それを破るきっかけをタンバリンを叩く音で与えたり、更に絶望の未来を見せられたキュアエールがそれでも諦めずに啖呵を切った所で、最後のミライクリスタルであるホワイトを昇華させてミライクリスタル・マザーハートを生成し、更に新フォームへの変身を果たさせたり、彼女の真実が分かるのも間近でしょうか。

f:id:furafuraasobinin:20181112213322j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181112213350j:plain

そして、浄化技を放った直後、恐らくは成長後(というより本来の姿)のはぐたんと不思議な空間でキュアエールが邂逅したのも良い演出でした。そう言えば、キュアエール=はなはことはぐたんの事になると急激に激昂したりしますが、やっぱりなんかあるんでしょうかねえ。今回もはぐたんに魔の手を伸ばそうとしてリストルに対して間一髪助けに入ったキュアエールが「はぐたんを泣かせるな!」と半ば恫喝にすら聞こえる厳しい口調で睨みつけており、もうただならない関係性な気がしてなりません。普段きゃわたんと言いながら溺愛しているほまれやさあやがそこまでの剣幕を見せないのもより拍車をかけています。最近忘れがちですが、HUGっと!プリキュアのテーマにタイムリープが関連しているのはほぼ間違いないですし、ここら辺は色々推測できることが多いですね。*1

 

f:id:furafuraasobinin:20181112213452j:plain

ただ、今話は色々詰め込もうとしたのは分かるのですが、いきなり前触れなく電脳空間に閉じ込められたり、ネズミ一族の事情が一気に提示されたり、かと思えば未だに肝心なところはぼやかされていたり、ドクタートラウムが最後に登場したり、どうにもせわしない構成に終始した感が否めませんでした。正直なところを言わせてもらうと、オールスター回なんかやっている暇があったんですかね? というのが感想です。

 

f:id:furafuraasobinin:20181112213426j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181112213439j:plain

そして、次回はいよいよドクタートラウムとルールーを中心としたエピソードですか…今回の引きでも親子漫才みたいなことをしていました(パパだよーといきなり抱きつこうとしたトラウムをルールーがどついた( ´艸`))が、ここら辺も色々判明するかもしれませんね。私自身も感じた事ですが、ネット界隈でもルールーはトラウムの娘がモデルなのでは? という意見が散見されますし、どう扱うかは注目したいですね。

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181112213512j:plain

上がったつもりが下がっている階段…ダメだ。どうしてもポルナレフテンプレ台詞が脳裏をよぎってしまう…

「そうかそうか、クライアス社の仲間になりたいという事だな、キュアエトワール」

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

 

*1:はな、はぐたん、そして今回出現したミライクリスタル「マザーハート」…本当に色々考えられる。

【アニメ】HUGっと!プリキュア第38話「幸せチャージ!ハッピーハロウィン!」感想

f:id:furafuraasobinin:20181028105502j:plain

有体に言ってプリキュア達の本拠地になっている町のハロウィン好きは異常だよね…

 

さて、今回は恒例のハロウィン回ですね。先回のオールスター回がとんでもない物量で攻めてきた事もあって息抜きの度合いが高かったですが、いくつか伏線ぽい場面も散見されました。ある意味4クール目始まりに相応しい内容だったですね。

 

話の流れとしては、ハロウィンに沸くはぐくみ町ではな達はぐプリチームは仮装ダンスパーティーに向けて準備をしているのですが、一方その頃露店を出店していたダイガンの元にリストルが特別室長の座を用意して復職を促しにやってきます。

一度はリストルの誘いを断るものの、露天での細かい作業に鬱憤が溜まってしまったダイガンは目の前で微量のトゲパワワを発生させた少女を元に猛オシマイダーを召喚、復職を図ろうしてハロウィンパーティーを滅茶苦茶にしそうになるのですが、その時はなが機転を利かせて…というものです。

 

今回ははな達プリキュアメンバーというよりは脇役にスポットが当たった回と言えましたね。

f:id:furafuraasobinin:20181028105523j:plain

まずはハリハムハリーなのですが、ハロウィンの事を知らない、という事で少なくともハリーのいた未来の世界に少なくとも仮装パーティーをする類のハロウィンは存在しないようです。

過去回でハリーは自分たちが未来の世界から来た、と断言していますが、同時に「自分達の世界では」という異世界めいた言い回しを度々使用するため、どうもハリーのいた世界がどういう所なのかは量りかねる部分があります。もっとも、次回予告で判明しましたが、次回はどうもハリーの世界に飛ばされる話の様なので、はぐたんはともかくハリーの秘密はだいぶ解明されそうな雰囲気ですね。

そして、ハロウィンにはしゃぐはな達や未来を夢見ている少女たちを見て終始アンニュイな表情を浮かべており、皆の前では無理に作り笑いをしているように見えたのが印象深かったです。最後の引きの場面ではなに自身の時間が止まっている、といったニュアンスの事を言ったり、はぐプリチーム5人の姿を見て以前のほまれ人魚姫回で登場したはぐたんの成長後? の姿を幻視したり、なかなか複雑な事情・感情を持っているキャラクターです。

f:id:furafuraasobinin:20181028105556j:plain

そう言えば、今シナリオの中盤ではぐプリメンバーがはぐたんに色々なコスプレをさせてむずかりそうになった時、はなが「はぐたんは何になりたいの」とあやすのですが、その際に「プリキュア」と答えており、これは今後の展開の暗喩っぽいなあ、と感じました。まあ、あのサークレットは怪しいとか言うレベルじゃないもんなあ…そう言えばこの時もハリーは「ん」と呻くなど微妙な仕草をしましたね。

 

そして、今回思いがけないスポットの当たり方をしたダイガンでしたが、ある意味クライアス社在籍時は実力を見せる前に倒されてしまったので、本当の実力は分からずじまいでしたが、少なくとも猛オシマイダーを呼び出す力はあったみたいですね。

f:id:furafuraasobinin:20181028105635j:plain

ただ、コミックリリーフの宿命か、はなの機転でハロウィンパーティーを滅茶苦茶にされる所をプリキュアショーに変えられた挙句、プリキュアの必殺技の餌食になり一切の反撃も許されぬままPCAで爆散浄化されるフルボッコという結末を迎えました。はぐプリチームの実力が上がったと考えるか、ダイガンはしょせんこの程度と考えるか、猛オシマイダーの素材が悪かったか(トゲパワワ発生の理由が靴擦れという小さなものだった(;・∀・))、判断は付きかねますが、PCAで猛オシマイダーごと巻き込まれていたので一緒にトゲパワワを浄化されたのか、毒の抜けた所にパップルに小突かれた程度で復帰できそうなので良かった良かった、と言った感じです。

f:id:furafuraasobinin:20181028105654j:plain

そう言えば、今回は決め技がPCAでしたが、前回使用したPAFYは55人のプリキュアの力を結集しなくては使えない(あくまでもオールスター回専用技)のか、恒常的に使用できる新技なのかちょっと今の段階では不明になりましたね。もっとも、専用アイテムで放つ技には違いないので後者だとは思いますが。

f:id:furafuraasobinin:20181028105719j:plain

個人的にはもう一回ダイガンの変なダンスが見られるとは思ってもみませんでした(苦笑)。

 

しかし、そうなるとリストルの行動がちょっと分かりませんねえ。ただ単に彼を利用した風にも取れましたが、一部始終を見ていたにも関わらず呆れた表情をした訳でもないですし、確か彼は過去にもダイガンについて酷い悪口を言ってなかったと記憶しています。

今回の復職についても「剛腕ダイガン」などと持ち上げており、実は結構リストル個人としては実力を買っていたのかもしれませんね。

f:id:furafuraasobinin:20181028105747j:plain

そして、かつてアンリにも渡していたクライアス社のリストル名刺ですが、どうもこれそのものが一種のトゲパワワ増幅アイテムっぽいですね。というよりはリストルの特殊能力かな? 今回のダイガンの凶行もこの名刺が媒介になったと考えられる要素がかなりあり(不気味にトゲパワワを産出する場面があった)、ダイガンはこの程度で済みましたが、このままではますますアンリが危険な感じがします。

f:id:furafuraasobinin:20180923110249j:plain

今回はダイガンにスポットが当たりましたが、流石にクライアス社も人材不足に陥っているんですかね? 考えてみるとジェロスは大きな精神ダメージ、ドクタートラウムも浄化済みです。今回の件もそれ故の復職での人材確保を狙った可能性もあり、チャラリートやパップルにももう一波乱あるかもしれませんね。そして、ルールーにも…

 

さて、次回は「ハリーの守れなかった世界」にはぐプリチームが飛ばされるみたいですが、それはイコール、ビシンやリストルの世界でもある訳です。

f:id:furafuraasobinin:20181028105852j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181028105859j:plain

単なる未来なのか異世界なのか…大体喋るネズミがいる未来…というのが少しおかしい訳で、ここら辺が判明するといいなあ…

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181028105928j:plain

さあや「ハロウィンはケルト地方の帰ってきた故人の霊を慰めることに由来しています。そんな事も知らずにやれ仮装パーティーだの、やれトリックオアトリートだの騒ぐ日本人の、なんと多い事か…」(直近チコちゃんネタ)

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

【アニメ】HUGっと!プリキュア第36・37話「フレフレ!伝説のプリキュア大集合!!」「未来へ!プリキュア・オール・フォー・ユー!」感想

f:id:furafuraasobinin:20181014120121j:plain

(注)今回は36話・37話合体記事として作成しました。一応、先週の36話単独記事を削除予定でしたが念のため残しておくことにします。こちらの記事が先週のものに加筆修正したものなので、こちらを読めば先週の記事を読む必要性はあまりないかと思います。

 

ふう…さて、今回は何から書けばよいのやら…

まずは前提から入りましょうか。今回は多分みんな喜んで視聴したものだと思います。第36話で過去プリキュア、直近のまほプリとプリアラの面々に加え予想だにしないのぞみとラブ(そして完全サプライズ枠のブンビー)更に初代の登場、そして、37話では過去のプリキュア全員が登場するという、長い間プリキュアシリーズを観てきたファンへのサービスとしては申し分ないものでした。

その上で、あくまでもひねくれ者の意見として言いますが、今回に関しては全く評価できない、というのが私の正直な感想です。

 

話の流れとしては、前半部にあたる36話で冒頭のプリアラチームとドクタートラウムとの対峙、そしてはぐプリワールドにプリアラチームが召喚され、驚くはな達の前にまほプリチームまで突如出現。ドクタートラウムが操るメカとの乱戦になるのですが、これにはドクタートラウム自身の自爆もあって凌ぎ切ります。

他にもプリキュアのメンバーがいるはず、と大所帯を2チームに分けて探索に乗り出すプリキュア連合ですが、ルールー達のチームがラブを、はな達のチームがのぞみを発見した所でドクタートラウムが再出現。プリキュア連合チーム以外の時間が止められ大ピンチに…

f:id:furafuraasobinin:20181023232913j:plain

しかし後半部の37話で初代の加入もあって時間を止めてから巻き戻して回復を図る無限ループ戦法を使うドクタートラウムを追い詰めるものの、ドクタートラウムは自身のトゲパワワを全て使って暴走。プリキュア連合チームは再度時間を停止させられ暗黒のトゲパワワ空間に投げ出されてしまうのですが、キュアエールを中心にした応援励ましで全員復活。そして、その応援は時間停止に巻き込まれていた他の過去プリキュア達にも届き、プリキュアオールスター全員が復活し、暴走したドクタートラウムに逆襲を開始する…というものです。

 

危惧していた世界観崩壊の実現

正直、これには参りました。

この問題については、2年前、まほプリの最終回でいちかが登場した時から個人的には非常に危険視していました。まほプリの総評でも書きましたが、プリキュアの世界観は各々が独立した世界観です。そうでなくては毎年恒例の最後の世界が地球規模で大ピンチになる事自体に齟齬が生じます。直近の作品でもマホウ界とナシマホウ界が融合したり(その後分離したが)、地球そのものが無に帰したりしており、はっきり言うとこれが同一世界観で起きているというのなら、無理があり過ぎです。つまり、メソッドとしてはアレフガレド三部作や天空シリーズを展開したドラクエシリーズというよりはファイナルファンタジーシリーズに近い訳です。

今作はただでさえ第22話に於いて初代の二人を登場させており、これについては正直一回限りの嫌な言い方をすると反則技みたいなものだと思っていたのですが、流石に今の段階で過去プリキュアが登場する話に3エピソード確定しているのはやり過ぎではないでしょうか。

視聴率や売り上げについてはよく知りません。ですからこれがテコ入れなのかどうかは分かろうはずもありません。しかし、はぐプリは紛れもなくはな達の物語です。シナリオも今の段階では大きな不満点はなく、えみルルコンビの加入エピソードなどは屈指の出来といっても過言ではない。はっきり言えば過去作プリキュアを入れる意味は乏しいと感じるのです。*1

まほプリの最終回については、仮面ライダーシリーズと同じく、これから引き継ぎ回が常態化するのかな、とは思っていました。実際、プリアラ最終回の引き継ぎ回はよく出来ており、10年以上続いたシリーズだけに、まあ、それも悪くはないのかな、程度に考えていました。

f:id:furafuraasobinin:20181014120219j:plain

しかし、今回の話を見て、今作の他作品プリキュアの出演サービスについては改めてどうなのかな? と思わざるを得ない状態になりました。なんか、まほプリ最終回の以降、他プリキュア作品をゲスト出演させる、という事に対してタガが外れてしまったのかな、と。それが第22話の様に一回ぽっきりのサービスなら笑って済ませる事も出来たでしょうが、これが世界観を壊してまでやる事なのかは甚だ疑問です。

もちろん、ある程度世界観が壊れてしまう(そして、それを無理矢理つなげる力技前提の)仮面ライダーディケイドやジオウの様な属性を持った設定が今作のキャラクターにハナからあったのならばその限りではなかったのですがね…*2

 

ついに出てしまったクロスオーバーの齟齬

プリアラチームが最終回時の成長した姿での登場でしたが、ペコリンは後半部で幼い状態のキュアペコリンに変身しており、同作品内ですら最早完全に食い違っています。そもそも世界を駆け巡っているはずのいちか(ついでに言うと留学中のゆかり)が6人揃ってキラパティの前にいるのはものすごい違和感でした。無理矢理解釈するならば、イチゴ坂の異変に気付いたプリアラメンバーの誰かが皆を集めた、と言った所でしょうか。

まほプリメンバーも成長後の姿で現れましたが、はーちゃんがまほプリチームの面々をキュアップ・ラパパしてプリキュア当時にまで若返らせたのは相変わらずの万能感だなー、と苦笑。

詳しい描写はなかったのですが、ドクタートラウムは今回開発した時間を好き放題操れるメカを使って、プリアラチームを若くした挙句、はぐプリワールドに落としたみたいですね(これについてもなんで? という疑問符が付く)。

ドクタートラウムが撤退し、上でも書いた様に他のプリキュアの探索を始めるプリキュア連合なのですが、ここまではプリアラチーム、まほプリチーム、ドクタートラウムらがワープゲートをくぐってはぐプリワールドに来る描写があったのですが、ラブやのぞみを見つける際にはそういう描写が一切なく、まるで同一世界観の様な印象を与えてしまっています。更に、ラブやのぞみはに加え後半部に登場した他のプリキュアの面々も年を重ねた様な雰囲気ではなく、プリキュア当時の年齢のまま(もしくはいい所+1歳ぐらい?)に見受けられました。

f:id:furafuraasobinin:20181014120335j:plain

また、致命的だったのが、のぞみがさあやを指して「シュワシュワウォーターのCMの人」と認識、更にさあやはうららを「尊敬している女優」と言った事です。この両世界に異世界TVでもない限り、この段階で5GOGOとはぐプリは同一世界観、が確定してしまいました。*3

今までの他作品プリキュアがゲスト出演するシナリオ*4は、どこかでワープゲートをくぐる演出や一部の顔見知りを除いてお互い初めてあった様な描写を使用して、今までは辛うじて各プリキュア世界が異世界=同一世界観ではない、というメッセージ性を保ってきたのに完全にぶち壊してしまいました。

f:id:furafuraasobinin:20181014120407j:plain

時系列も世界観もバラバラ過ぎて、名言こそされませんでしたがこれがドクタートラウムが時間を好き勝手にいじれるようになったからだというのならば、流石に無茶あり過ぎです。これが映画だというのならば、今回のドクタートラウムがこのレベルの強敵でもしょうがないかもしれませんが、TV版の、しかも一幹部がこれではいくら何でもパワフル過ぎでしょう。

f:id:furafuraasobinin:20181023233018j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181023233531j:plain

もちろん、オールスター系の映画の事まで鑑みれば、こういうツッコミは野暮なのかもしれませんが、それならばこんな劣化オールスターではなく、素直に映画版を見ればいいだけの話です。*5ネット界隈でも言われていますが、曲がりなりにもプリキュアオールスターズの攻撃を全て受けきった(実際、最後の浄化ははぐプリチームの新技だった)のは今回のドクタートラウムが初めてらしく、なんでTV放映でここまで…と思わせる内容でした。

 

第36話、どうして、そのキャラ選出?

第22話の初代については、えみルルコンビの確執をなぎさとほのかの喧嘩回とオマージュさせたり、その二人の経験を活かした上でアンドロイドで感情解釈が不完全なルールー、幼いえみるを優しく諭す、というゲストとは言えちゃんとした配役があったからこそ納得できましたが、前半部のラブとのぞみは結局どう役割があったのか図りかねましたね。上でも書いた様にのぞみに至ってはむしろ悪手になったのでは、とすら思います。

更にメカを修復し、大量のオシマイダーを引き連れてリベンジマッチを仕掛けたドクタートラウムは他のプリキュア世界も次々に時間停止させ、この段階で他のプリキュアメンバーも含めてプリキュア連合+ラブ(キュアピーチ)+のぞみ(キュアドリーム、そして引きの場面で登場した初代+シャイニールミナス以外は時間凍結となってしまいました。

f:id:furafuraasobinin:20181014120452j:plain

で、ここに来て初代が無事だったのは、流石に「またかよ!」という気分にさせられました。確かに第22話でひかり(シャイニールミナス)以外ははぐプリメンバーと交流はしていますし妥当な人選だとは思いますが、正直初代最強説にまたしても箔をつけた印象しか受けません。

うろ覚えなんですが、第22話放映時、はぐプリ製作スタッフのどなたかがSNS「決して初代が最強と言う意図ではない」とおっしゃっていたと記憶しているのですが、ここまで繰り返されれば、結局初代最強とスタッフは考えているのかな、と勘繰られても仕方ないでしょう。

f:id:furafuraasobinin:20181014120749j:plain
そして何よりまずいと感じたのは、この36話の人選が他のメンツよりアスパワワの量が高かった故に時間停止に巻き込まれなかった、と考えられる点です。

現に他のプリキュアメンバーのほとんどが時間停止化している場面が挿入されてしまっているのですし、何よりシリーズものでキャラクター格差を発生させるのは要らぬ争いを生む火種として最悪手の一つと私は考えています。同一作品内である程度の格差を描くのは悪い展開ではないと思いますが(ゴプリはここら辺をよく考えていたし、まほプリのキュアフェリーチェも設定上間違いではなかった)、こういうオールスター系の内容に対してそれを描くのはどうなのか。直近作のプリアラ・まほプリの面々はともかく、初代、キュアドリームキュアピーチはファンの間でも最強の呼び声が高い人気キャラの一角*6です。しかし、翻って他のプリキュア達が彼女らに劣っているとは少なくとも自分には思えません。

f:id:furafuraasobinin:20181023233053j:plain

例えば、敢えて格付けしろと言うのなら、個人的には精神力最強はキュアハッピーだと今でも思っていますし、純粋な戦闘力だけならキュアラブリーの汎用性やキュアフェリーチェの何でもあり魔法は最強格だと感じます。もちろんこれに異を唱える人は星の数ほどいるでしょうし、同調する人もいるでしょう。何が言いたいかと言うと、個々に判断がまちまちなものに対して公式が解答を匂わす様な真似は正直してほしくない、という事です。

最終的にはプリキュアオールスターズが全員復活。これまた映画の様に多対一の乱戦になりましたが、やはりシナリオ出だしで躓いて何となくしっくり来なかった、というのが感想ですかね。

f:id:furafuraasobinin:20181023233131j:plain

ただ、このシナリオの帰結がはぐプリチームへの新アイテム・ミライブレス付与及び新技(そして恐らくは最終合体必殺技)プリキュア・オール・フォー・ユー(以下PAFY)開眼と締まったものになったのは辛うじての美点でした。全体的にこれだけ濃いキャラクターが多数出たにも関わらず、トゲパワワ空間からの脱出や初代はじめ皆からの思いを承けてミライブレス発動のきっかけをキュアエールが担ったのはポイント高かったです。

 

こまけえことはいいんだよ!

ここまで散々ネガティブな事を書きましたが、↑の見出しの様に細かい事を考えなければ、過剰なファンサービスと言ってよく、楽しめる内容でしたね。

特に映画版を観るにあたって映画館に行く事にテレを感じている層(自分もそう)には生でこのノリを見れたのは僥倖とも言えます。

更に、これだけの人数を出していながら、各キャラクターの個性を引き出していたのは凄いと感じました。横顔だけで威厳満々のキュアピーチや顔面着地のキュアハッピー、ちょこちょこ顔出すキュアマリンなど、よく特徴を捉えています。

f:id:furafuraasobinin:20181023233201j:plain

更に大量に発生したオシマイダーに対して幾人かのチームに分かれて戦うのですが、そのチーム分けが作品ごとや色ごとではなく、共通のテーマ性(剣モチーフ、盾モチーフ、氷属性、星属性など様々だったが)でチーム分けされていたのは面白かったですね。

f:id:furafuraasobinin:20181023233244j:plain

個人的には年嵩チーム(キュアエース・キュアムーンライト・キュアショコラ・キュアマカロン)の余裕感がタマランでした( ´艸`)

こういう見せ方は本当に上手ですね。

そして、プリキュア達に力を与えるべく登場したサブキャラ達も予想通りの人物からアロハプリキュアキュアフラワーなどのサプライズもあり悲鳴が上がりっぱなしでした。

f:id:furafuraasobinin:20181023233305j:plain

上でも少し触れましたが、その皆の応援を受けて55人ものプリキュアの攻撃を凌いだ暴走トラウムをも倒す合体技PAFYにはぐプリチームは導かれましたが、それに至ったのがキュアエールの応援だったのは非常に興味深かったです。一回トゲパワワ空間に投げ出された際にも復活のきっかけは彼女の応援でしたし、応援をテーマにしたプリキュアであるキュアエールを上手く使いましたね。

f:id:furafuraasobinin:20181023233319j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181023233331j:plain

キュアエコーが正規扱いされなかった事や、ドクタートラウムがルールーとの回想シーンが挿入されたため退場と思われる点(ただし、正式には生死不明)など若干の不満点はありましたが、設定などを無視すれば爽快感があり良い回だったとも思います。

 

ふう…こういうのを純粋に楽しめないのはひねくれ過ぎかねえ、やっぱり。

 

なにはともあれ、新たな力を身に着け、流れとしても3クール終了(全50話と仮定した場合)でとうとう佳境に入る事になりますね。

f:id:furafuraasobinin:20181023233401j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181023233409j:plain

次回は息抜き回の予感がしますが、ダイガンの所にリストルが訪ねてくるというなかなか嫌な場面もありました。ダイガンさん無事に済めばよいのだが…

 

今週のはぐプリの個人的見どころ

f:id:furafuraasobinin:20181023233712j:plain

しかしこうやって見ると各プリキュアのデザインはどれも本当に秀逸だねえ。しかし黒ベースのハピチャ勢はやはりひときわ目立つねい。

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

----------------------------------

*1:それでもえみルルコンビの最後のわだかまりを初代が溶解させたのはいい演出だったが。

*2:強いて言えばはぐたんがその役割を担っていると考えられるが、22話はともかく今回に限ってはそうは思えなかった。

*3:うららを「尊敬している女優」と表現したという事はのぞみやラブも成長後? 絵的にはそうは感じなかったが…

*4:まほプリ・プリアラ最終回及び今作第22話

*5:実際、やっている事はオールスター系映画とほとんど変わってない。

*6:初代=格闘戦最強、ドリーム=精神力最上位、ピーチ=漢前。男ではない。漢。とそれぞれ評されることが多い。

【アニメ】HUGっと!プリキュア第36話「フレフレ!伝説のプリキュア大集合!!」感想

f:id:furafuraasobinin:20181014120121j:plain

なんかいきなりドクタートラウムプリアラチームが対峙してる上に「久しぶり」とかドクタートラウムは言っていたけど、ここら辺は映画見てみないと分かんないのかな? 出だしから謎過ぎだが…

 

続きを読む

【アニメ】HUGっと!プリキュア第35話「命の輝き!さあやはお医者さん?」感想

f:id:furafuraasobinin:20181007104932j:plain

このあとすぐでも容赦なくオチ担当に使われるはなさん、マジお笑い芸人( ´艸`)

 

f:id:furafuraasobinin:20181007104944j:plain

と思ったら開幕から青い光にしなだれかかるさあや、いきなりエッチ過ぎない…?(直球)

 

さて、今回はさあやにスポットを当てつつ、命の継承をテーマにした回でした。重い…というよりは比較的シナリオライターさんの思想を押し出した回と言えました。話の途中にネット情報を鵜呑みにする危険性も示唆したのもそう思わせた要因の一つでしたね。

 

話の流れとしては、今現在出演している役作りのために第27話で繋がりを持った産婦人科のマキ先生にはなの母親経由でコンタクトを依頼したさあやでしたが、彼女は現場主義者であり、はぐプリチームの面々に医療機関の体験学習をさせる事にします。

f:id:furafuraasobinin:20181007105007j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181007105024j:plain

産婦人科を担当したさあやはそこで淋しそうにしている子供・あやちゃんが気になり、彼女のケアに回るのですが…というものです。

 

今回はさあやと医療機関での仕事、そして、上でも書いた様に連綿と繋がっていく命をテーマにしており、それ以外はわりかし割愛されていました。例えば、さあや以外の体験研修の様子は流しで済ませてしまいましたし、戦闘シーンは猛オシマイダーをフェザーフラストで打倒した後にあっさりPCAで決着するという今作最短で、如何にメインテーマに尺を取ったか、ある意味非常に分かりやすい構成でしたね。

f:id:furafuraasobinin:20181007105054j:plain

それでも上手だったのは、兄弟姉妹のいないさあやがあやちゃんの心情を汲むために妹がいるはなに助言を求めたり、子供と母親は産まれる前から繋がっている事をさあやの横にいたルールーに理解できない、と言わせて対比させたり、さあや以外のキャラに役割を持たせている点でした。

f:id:furafuraasobinin:20181007105117j:plain

そのあやちゃんなのですが、最初は母親が帝王切開する事になった事に不安を覚えているのかな…と思っていましたが、実際は産まれてくる赤ちゃんに自分の大好きな母親を取られてしまうのではないか…という恐れから浮かない顔をしていたのですね。

f:id:furafuraasobinin:20181007105129j:plain

それにしても、帝王切開をネタとして引っ張ってくる事にも驚きましたが、こういう兄弟格差の問題という細かい心理描写まで突いてくるのは、相変わらず攻めてくるなあ、と感心する事しきりです。こういう所を手抜きなしに描くのは非常に好感が持てます。

 

さて、敵側の情勢なのですが、前回の敗北が相当堪えたのか、ドクタートラウムも言っていましたが(ついでにそれを理由に今回は彼が出張った)、ジェロスはもうダメレベルまで精神ダメージを負った様子が描かれました。すごいな、ことり、大殊勲じゃん(苦笑)。

f:id:furafuraasobinin:20181007105206j:plain

当然、完全リタイヤと言う訳ではないでしょうから、もう一回ぐらい最後の攻撃を仕掛けては来るのでしょうが、その時がジェロスの最後ですかねえ…

f:id:furafuraasobinin:20181007105346j:plain

戦闘シーンでは、猛オシマイダーを呼び出したもののはぐプリチームにいち早く察知され、上でも書いた様にほぼ何も出来まいまま瞬殺されました。というか、尺の都合もあったのかもしれませんが、はぐプリチームのトゲパワワ察知能力が研ぎ澄まされている様な描写があり、成長してるんだなあ、としみじみ実感したりもしました。実質キュアアンジュのフェザーフラスト一発で決着が付いてしまった訳ですが、これもいい見方をすれば何かを守る際(今回は帝王切開手術中のあやの母親)に彼女は最大の力を発揮する、とも取れますしね。

f:id:furafuraasobinin:20181007105229j:plain

あまりにもあっさり決着が付いてしまったからでしょうか、ドクタートラウムも悔し紛れに「いっそ貴様らが赤ん坊だったら楽なのに!」と言った直後「いいこと思いついちゃった♪」と言って撤退しました。

しかし、ドクタートラウムは味のあるいいキャラですねえ。今回もそうでしたがコミックリリーフ的な発言を度々するにも拘らず、ぞっとする様な残忍性も持ち合わせており、怖い二面性を持っているいい悪役だと思います。先回のキュアアンジュの「お静かに!」を未だに気にしているのには笑ってしまいましたが。

f:id:furafuraasobinin:20181007105252j:plain

今現在のCMでもやっていますが、今期のオールスター系プリキュア映画はプリキュア達が思い出を奪われ幼女化する、という内容みたいですね。ただ、CM見た感じだとクライアス社絡まないっぽいんだけどなあ。

f:id:furafuraasobinin:20181007105308j:plain

映画への布石なのか、それとも来週以降なにかしらの罠をドクタートラウムが張るのかは分かりませんが、来週も彼が立ち塞がる様なので、今後に注目でしょうか。

 

f:id:furafuraasobinin:20181007105328j:plain

引きの場面で、帝王切開手術は無事成功。今回の体験学習を以て、命の継承の大切さ、そしてあやの心情を汲んで彼女をケアしたさあやをマキ先生が評価。はぐプリチーム全員と帰途についている際に医者への憧憬を口にするさあや、という感じで幕になりましたが、彼女はどちらの道に進むのですかね。こういう事は早急に結論を出さなくてもいい気もしますが、今後のシナリオに注目したいですね。

 

次回は…ええー、また過去プリキュア出すのー!? 嬉しい反面、そういうジョーカー的な手法は一回に留めておいた方がいいんじゃないのかなあ。戦隊ものではよく使われる手法だけど、あれはそれこそプリキュアシリーズですら全く及ばない程の長い歴史があるからこそ出来る方法な気がするんだけど…

f:id:furafuraasobinin:20181007105426j:plain

f:id:furafuraasobinin:20181007105433j:plain

とりあえず、予告画面では5GOGOののぞみとうらら、フレッシュのラブ、まほプリとプリアラの全員が確認できたけど…どうなる事やら。

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20181007105452j:plain

ドクタートラウムが出撃する際、ハグっとプリキュア最終回! 次回からバグっとトラウムが始まるよ!とかメタな発言していたが、せっかくだからタイトルの表示もそれに変えてしまえばよかったのに、という片手落ち感( ´艸`)

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

【アニメ】HUGっと!プリキュア第34話「名探偵ことり!お姉ちゃんを調査せよ!」感想

f:id:furafuraasobinin:20180930112829j:plain

f:id:furafuraasobinin:20180930112838j:plain

東山のハグから、はなの水死体(苦笑)への流れるような神展開…

 

さて、今回ははなの妹・ことりが、キュアエールが出現する付近に常にはながいる事に疑念を持ち始めるのですが…とうとう、そこに気が付いてしまっ…プリキュアに迷惑を掛けているーーー!? どこまで信用ないんじゃ、お姉ちゃんは( ´艸`)

 

話の流れとしては、はながプリキュア達に迷惑を掛けているのではないか、と疑ったことりははなを監視する様になるのですが、そのさなかにキュアエールファンクラブ会長を名乗る男にキュアエールファンだと勘違いされ行動を共にする事になります。

f:id:furafuraasobinin:20180930112910j:plain

一方その頃、周りからどんどん人がいなくなり孤立化したジェロスは、今までの化粧(?)をかなぐり捨て全ての破壊を決意、猛オシマイダーを召喚して町中で破壊活動を開始しました。

ことりを大切に思っているはなの描写を交えつつ、猛オシマイダーに襲われたことりを助けるためにキュアエール達はぐプリチームが奮闘する…というものです。

 

野乃ことりについて

今までの描写から、事あるごとに姉をお子ちゃま扱いするおしゃまな妹、という感じでしたが、別段仲が悪いということはなく、むしろかなりの仲良し姉妹ですね。

普段のはなの生活態度や言動から、最初はキュアエールの正体が姉だとは露ほども思っていなかったようですが、今回の件で正体はばれたっぽいですね(正し明言はしていない)。

f:id:furafuraasobinin:20180930113147j:plain

Bパートでいきなり猛オシマイダーに襲われていたのは、Aパートで布石はあったものの若干唐突感がありましたが、ちょっと気になったのは今回の猛オシマイダーがことりをつけ狙って追い回した事です。

f:id:furafuraasobinin:20180930113200j:plain

Bパート開始直後、ジェロスが召喚した猛オシマイダーと鉢合わせしたキュアエールファンクラブの面々でしたが、戦う術を持たない彼らでは当然逃げ回る結果になります。しかし、その途中で足が竦んで動けなくなったことりを逃がすべく、会長が囮になるのですが、それには目もくれず猛オシマイダーがことりを追いかけ回すのです。

これをどう解釈するのかは様々だと思いますが、ジェロスが指示した描写はなくやはりことりそのものがターゲットになっていた可能性が高いです。

その後はぐプリチームが参戦し、一度は猛オシマイダーを退けるのですが、豹変したジェロスが大量のトゲパワワを散布、はぐプリチームも瘴気そのものの様なトゲパワワに中てられ次々とダウンする中、なんとことりがジェロスの前に立ち塞がりました。そして、これ以上キュアエールをいじめるな、と啖呵を切った後に大量のアスパワワをばらまき周りにいた人間、延いてははぐプリチームまでアスパワワ復活というとんでも展開が待っていました。その威力たるや、我を失ったジェロスですらたじろぐほどで視聴中は「まさか6人目登場!?」とすら思ったほどです。

f:id:furafuraasobinin:20180930113230j:plain

f:id:furafuraasobinin:20180930113327j:plain

実際問題、全滅一歩寸前をひっくり返した訳で、はなの妹だから、では片づけられない程のアスパワワです。*1流石にそれだけで6人目追加戦士とは考えにくいですが、前作のキュアペコリンの例もありますし、ないとは言い切れないかも…というのが現段階での感想ですね。

また、上でも書きましたが、猛オシマイダーとの戦闘中、危機一髪のところをキュアエールに助けられ「どこにいても助けるから」と言われた事によって過去の記憶がフィードバック、(状況は良く分からないが)雨の公園で泣きながら建物の影に隠れていたことりがはなによって発見された際に同じことを言われる…というのを思い出して、ほぼキュアエール=姉であることを確信する様なニュアンスがありました。

f:id:furafuraasobinin:20180930113429j:plain

これまた上で書いた様に、その事を明言はしなかったですが、猛オシマイダーを撃退後に姉の部屋を訪れ仲良く一緒に寝てみたり、彼女の正体を知った上で甘えてくる描写はとても良かったです。

f:id:furafuraasobinin:20180930113447j:plain

サブキャラだけに、今後メインを張る回があるかは分かりませんが、6人目サプライズも含めて動向が気になるキャラに昇格してしまいましたね。

これではなの祖母に続き、ことりにも正体を悟られる描写が為されましたし、今作は最後に身バレする可能性がありますね。というか、ここ最近のシリーズ、意外に身バレしていないんですよね。

 

ジェロスについて

今まで度々加齢=時間経過による衰えによる怯えが描写されていた彼女ですが、その割には飄々としていたのが急激に焦り始めたのはちょっと唐突だったかなあ。

f:id:furafuraasobinin:20180930113555j:plain

今回の表現からすると、どうもパップルからNTRしたような表現があった男(ジョージ?)に捨てられた様で、更にジンジン・たくみもいなくなり(自分から追い出したんじゃん!)孤立した事が、その理由が自分がどんどん老いて醜くなったからだ、と自分勝手な解釈で発狂。

個人的にこういう悪役好きですねえ。だって、こういう人、実際いるじゃないですか(笑)。こういうのはこの作品の本来の視聴者層にピンと来ないかもしれませんが、大人になるにつれ結構遭遇するものなのですよねえ。反面教師としては非常にいいと思いますが。

f:id:furafuraasobinin:20180930113608j:plain

今までのおめかし(?)を剥ぎ捨て豹変した彼女ですが、戦闘の時には猛オシマイダーから必死にことりや町を守ろうとするはぐプリチームを見て「努力が報われることはない」と悲観的な事を言ってみたり、これまた現実感があるというか…彼女が言っていることも間違いではないのが、このキャラクターの面白い所ですね。

f:id:furafuraasobinin:20180930113620j:plain

今回は最終的に猛オシマイダーを浄化された事により撤退しましたが、その際にも「貴方たちにもいずれ分かるわ」と負け惜しみを言っており、これははぐプリチームに諭されるフラグかねえ。正直、叶わない努力がある事を否定はしないと思うので(特に女優業のさあやとスポーツ選手のほまれ)、それを内包した上で前に(未来に)進むことを示唆する事になりそうですね。

 

ここに来て佳境に入るかと思いきや、意外にもサブキャラの掘り下げが進んできていますね。今作は先が全く読めないのが面白い。

 

f:id:furafuraasobinin:20180930113650j:plain

次回はさあやを中心に医療の体験学習のお話? ですか。女優業か医療の道なのか。さあやにとっての大きなターニングポイントになるのかもしれませんね。

f:id:furafuraasobinin:20180930113701j:plain

ああー、白衣の天使じゃねえ…(昇天)

 

今週のはぐプリの個人的見どころ!

f:id:furafuraasobinin:20180930113717j:plain

はな! そういう所! 食事の時の姿勢とかそういう所! ことりに信頼されていないのはそういう所だから!( ´艸`)

 

来週もめちょっく!(めちょっくってなんだよ!)

 

-------------------------------

*1:正し、ファンクラブのアスパワワも加味されてはいた。